鉄道リポート

鉄道コムがいま注目している鉄道の話題を、現地からリポートします。

リポート一覧(新着順) / 1~25件を表示しています

  • 大きな窓とリビングのような空間 西武の新型特急Laviewに乗車しました

    西武鉄道は2月14日、新型特急車両001系「Laview(ラビュー)」のメディア向け内覧会・試乗会を開催しました。独特のデザインや大きな窓が話題となっているLaview。その内装や乗り心地はどのようになっているのでしょうか。鉄道コムスタッフがリポートします。

  • 鉄道とあわせて使いたい夜行バス 青春18きっぷユーザーの夜間移動にも

    日本各地で運行される夜行バス。夜行列車が数少なくなった今、鉄道の旅に夜行バスを組み合わせると、移動の自由度が上がります。夜行バスの座席や乗り方をご紹介。

  • 残りわずか400メートル、消えた西武新宿線の新宿駅乗り入れ計画

    新宿において、他路線の新宿駅から離れた地に、単独ターミナルである西武新宿駅を構える西武新宿線。この新宿線も、かつては国鉄新宿駅に乗り入れる計画がありました。

  • 東武鉄道伊勢崎エリア乗りつくし、1月20日リポート~スカイツリートレインで葛生、西小泉へ

    日本の私鉄では、近畿日本鉄道に次ぐ路線長を有する東武鉄道。その長大路線の3分の2を乗りつくす旅行企画が1月19日、20日の2日間にかけて催行されました。2日目の伊勢崎線、佐野線、小泉線、桐生線の乗車リポートをお届けします。

  • 京急が開業120周年 兄弟と共に式典を開催

    京浜急行電鉄は、同社初の路線である現在の大師線が開業した1月21日に、開業120周年記念式典を京急川崎駅にて開催しました。

  • 2つ目の山手線は幻に 明大前に残る遺構

    井の頭線明大前駅付近の橋の下には、線路が4本敷けそうなスペースがあります。実はこのスペースは、「2つ目の山手線」が通る予定だった名残なのです。

  • 「高輪ゲートウェイ」から考える、カタカナ表記を含む駅名のあれこれ

    品川~田町間に開業予定の山手線・京浜東北線新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まりました。高輪ゲートウェイは、地名とカタカナから成る駅名。全国には同じようなパターンの駅名が少なからずあります。「地名+カナ」のほか、カタカナ表記を含む駅名について紹介します。

  • 2019年の鉄道トピックス[車両・列車編]

    中央線特急の改変や西武鉄道の新型特急車両導入、「Aシート」サービスの開始など……2019年に予定される鉄道車両や列車のトピックスをご紹介します。

  • 2019年の鉄道トピックス[路線・総合編]

    おおさか東線の延伸開業や京急大師線の一部地下化、夕張支線の廃止など……2019年における駅や路線などの予定をご紹介します。

  • 2018年の鉄道を振り返る[車両・列車編]

    小田急ロマンスカーの世代交代や都営5500形など新型車両の導入、E351系の引退やSLで相次いだ運休など……2018年に動きのあった車両や列車を振り返ります。

  • 2018年の鉄道を振り返る[路線・総合編]

    小田急の複々線化開業や三江線の廃止、鉄道博物館の新館オープンなど……2018年に動きのあった路線などを振り返ります。

  • 鉄道写真家 山下大祐氏×鉄道タレント 伊藤桃さん「写真で語る、鉄道旅の魅力」

    2018年の「鉄道フェスティバル」(日比谷公園)で行われた、鉄道写真家・山下大祐氏と鉄道タレント・伊藤桃さんのトークショーの内容をご紹介します。

  • これが本気の模型運転 ダイヤ運転のRFCのイベントを追う

    鉄道模型において、実際の鉄道と同様に、ダイヤに沿った運転に挑戦している団体「RFC」。趣味の集まりでありながら、鉄道事業者のイベントなどにも出展するなど、精力的な活動を続けているグループです。RFCが開催した「RFCダイヤ運転フェスタ2018」の模様をご紹介します。

  • 進化する湘南モノレール~湘南江の島駅リニューアルなど

    観光アクセスのみならず、地域の足としても活躍する湘南モノレール。近年は利便性を高めるための改良、改修が進められ、さる12月1日には、江ノ島の玄関口となる湘南江の島駅が全面的にリニューアル開業しました。全面リニューアル初日の湘南江の島駅の様子を中心に、湘南モノレールの直近の見どころなどを紹介します。

  • 羽田空港乗り入れから20年 京急空港線の歴史をたどる

    11月18日、京浜急行電鉄の羽田空港国内線ターミナル駅が、開業20周年を迎えました。都心と羽田空港を結ぶ京急空港線。現在こそ京急のドル箱路線としての地位を占めていますが、かつては流浪の歴史を歩んできた路線でした。空港ターミナルへの乗り入れ20周年を迎えた京急空港線、その波瀾万丈の歴史をたどります。

  • 43年の眠りから覚めたSL、東武鉄道の車両基地に搬入

    11月14日、東武鉄道の南栗橋車両管区にて、C11形蒸気機関車の搬入作業が実施されました。滋賀県や北海道で活躍し、43年の眠りについたこのC11形。2020年冬に向けた復活作業、その第一歩の模様をお伝えします。

  • 2つのホビートレインを間近に楽しむ~宇和島運転区ふれあい祭り

    JR四国が11月4日(日)に開催した「宇和島地区『鉄道の日ふれあい祭り』」。会場はコンパクトながら、車両展示や転車台体験、扇形車庫の見学会など、多彩で充実した内容でした。秋晴れのもと行われたイベントの模様を、フォトギャラリー形式で紹介します。

  • 東京急行電鉄6020系の3号車に「Q SEAT」が登場

    東京急行電鉄6020系は2017年12月に登場し、2018年3月28日にデビューした。そして、12月14日から平日夜の大井町線大井町発の急行長津田行き5本にて、有料座席指定サービス「Q SEAT」の運行を開始する。

  • 実写でトライ 鉄道撮影で「ニコン Z7」の実力を測る

    9月28日に発売された、ニコンの新型カメラ「ニコン Z 7」。スタッフの我流ではありますが、その実力を鉄道撮影で測ります。

  • 京王9000系「京王電鉄×サンリオピューロランド 特別ラッピング車両」登場

    2018年11月1日に営業運転を開始した、京王9000系「京王電鉄×サンリオピューロランド 特別ラッピング車両」をリポート。

  • 今なお現役、鉄道開業時の車両が生きる「明治村」

    愛知県犬山市に所在する、明治建築を保存する野外博物館「明治村」。保存対象は建築物だけでなく、工場の機械や乗り物などさまざまです。その中の一つとして、かつて新橋~横浜間を走った蒸気機関車の実物が、園内移動手段として動態保存されています。

  • プロカメラマンに聞く、鉄道写真とニコンの新型カメラ

    9月28日に発売された、ニコンの新型カメラ「ニコン Z 7」。Z7の発売に先立って開催された「ニコンファンミーティング2018」東京会場では、このZ7で撮影した鉄道写真を、写真家の助川康史さんがステージなどで解説。従来の一眼レフより機動性が増したZ7の魅力を、熱く紹介していました。助川さんに、鉄道写真撮影の秘訣や、Z7の魅力などを聞きました。

  • 都電荒川線と花電車~三ノ輪橋、荒川電車営業所でのイベントリポート

    市電時代を含め、都電では、祝賀行事や記念日などにあわせて「花電車」が設定、運行されてきました。10月21日(日)は、三ノ輪橋停留場付近に設けられた案内所のオープンを記念して、花電車の展示イベントが行われたほか、荒川電車営業所では、花電車専用車両「花100形」のさよならイベントが開催されました。これら2つの花電車についてリポートします。

  • 走り続けて38年、ロマンスカーLSEがラストラン!

    2018年10月に営業運転を終了した、小田急電鉄の特急ロマンスカー7000形「LSE」。1980年の就役以来、38年間第一線で活躍したLSEの活躍の歴史と、ラストランツアーの模様をご紹介します。

  • 新橋~横浜間、開業時の鉄道の足跡をたどる

    「鉄道の日」は、1872年10月14日に日本初の鉄道が開業したことを記念して、1994年に運輸省(当時)が制定した記念日です。「鉄道の日」にちなみ、日本で最初に鉄道が開業した新橋~横浜間にスポットをあて、創業時の駅、記念物、記念碑など、その原点をたどります。

鉄道コムおすすめ情報

画像

Laview試乗レポ

西武鉄道の新型特急「Laview」に試乗しました。車内設備や快適性は?詳しくご紹介。

画像

丸ノ内線2000系デビュー

東京メトロ丸ノ内線の新型車両2000系が、2月23日に営業運転を開始。

画像

富士急行5000系ラストラン

2月23日、富士急行5000系「トーマスランド号」がラストラン。

画像

奈良満喫フリーきっぷ

大阪府や京都府、奈良県でJR線・近鉄線が乗り放題のフリーきっぷが発売。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春に運転される臨時列車のリリースをまとめました。一覧はこちらから。

画像

2月の鉄道イベント一覧

2月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

カテゴリでリポートを探す

リポートの掲載日で探す

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28