鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

レトロデザインのカメラは鉄道撮影でも使える? ニコン「Zf」で鉄道写真を撮る!

2024年3月30日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

ニコンが2023年9月に発表したミラーレスカメラ「Z f」。1982年に発売されたフィルムカメラ「FM2」をデザインモチーフとしたヘリテージデザインのカメラで、シャッタースピードやISO感度の設定用という、現代のカメラではあまり見られないダイヤルを、ボディ上面に設置しています。

ニコンが2023年に発表したヘリテージデザインのミラーレスカメラ「Z f」
ニコンが2023年に発表したヘリテージデザインのミラーレスカメラ「Z f」
シャッタースピードやISO感度を設定するダイヤルを搭載したボディ上面
シャッタースピードやISO感度を設定するダイヤルを搭載したボディ上面

デザインが注目されやすい「Z f」ですが、そのスペックは普及機なみで、機能面では普段使いでも問題ないレベルです。

ニコンは2021年にも同様のコンセプトの製品「Z fc」を発売していますが、こちらはAPS-Cサイズセンサーを搭載したモデルです。一方、今回の「Z f」は、フルサイズセンサーを搭載した上、画像処理エンジンはフラッグシップモデル「Z 9」などと同じ「EXPEED 7」を使用しています。機能的にも上位機である「Z 9」「Z 8」と同等、あるいはそれ以上。たとえば手ブレ補正機能は8段分で、「Z 9」「Z 8」の6段よりも上となっています。

2021年にニコンが発売した「Z fc」(左)。「Z f」と同コンセプトの製品ですが、こちらはAPS-Cサイズセンターを搭載しています。ちなみに右側の製品は、「Z f」「Z fc」のモチーフとなったフィルムカメラ「FM2」
2021年にニコンが発売した「Z fc」(左)。「Z f」と同コンセプトの製品ですが、こちらはAPS-Cサイズセンターを搭載しています。ちなみに右側の製品は、「Z f」「Z fc」のモチーフとなったフィルムカメラ「FM2」

センサー画素数などは2020年発売の「Z 6II」に近いのですが、機能は先述した通り新世代機相当。ヘリテージデザインのボディ+「Z 6」シリーズのスペック+「Z 9」「Z 8」並の機能を持たせたモデルで、一部では将来発表される「Z 6III」(?)のスペックを先取りしているのでは、とも噂されています。

そして、上位機譲りの機能を搭載しながらも、お値段は比較的控え目です。「Z 9」は80万円弱(ニコンのオンラインショップ価格、以下同)、「Z 8」も60万円弱ですが、「Z f」はボディ単品で30万円前後。センサー画素数が近い「Z 6II」と同価格帯の製品です。見た目や使い勝手はともかく、中身と価格は普及機帯なのです。

加えて、ニコンイメージングジャパンによると、「被写体を限定せず、自分の表現の幅を拡げ個性を示していただきたいという思い」から、オートフォーカス(AF)の被写体認識機能において「乗り物」を採用。鉄道車両のほか、クルマや飛行機などの認識が可能となり、「ぜひ多くのクリエイターに撮影を楽しんでいただきたい」(同社)という思いが現れた製品となっています。

であれば、鉄道ファンでニコン製品ユーザーでもある筆者が気になるのは、「『Z f』は鉄道写真撮影でも使えるのか」。ただ撮るだけならばどんなカメラでも(それこそ「写ルンです」でも)できますが、やはりカメラの使い勝手は良ければ良いほど、撮影時の満足度も上がります。

見た目だけでなく、スペックも最新機種らしく妥協していない「Z f」。はたして鉄道写真撮影に使えるのでしょうか。無謀にも鉄道写真撮影にも使用するカメラとして購入した筆者が、その結果をご紹介します。

「Z f」で鉄道写真撮影、果たして満足のいく結果になるのでしょうか
「Z f」で鉄道写真撮影、果たして満足のいく結果になるのでしょうか

見た目全振りのデザイン グリップの握り心地は?

まずはボディから見ていきましょう。

残り9734文字/全文:12225文字

見た目が特徴的な「Z f」。鉄道写真撮影ではどう活躍できる? プレミアム会員に登録すると、実際に鉄道写真を撮影したレビューがご覧いただけます。

プレミアムサービスのご案内 / 会員の方はチェックイン

プレミアム会員の入会はこちらから

この「Z f」の特徴は、なんといってもそのデザイン。先述したように、ボディ上面には大きなダイヤル2個を搭載し、いわゆる「ペンタ部」はフィルムカメラのようなカクカクした形。撮影に持ち出さずとも、眺めて触っているだけでも楽しいカメラです。一方で、デザインを重視した結果、グリップ性は他製品より大幅に低下し

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。