鉄道コム

鉄道長期不通路線マップ

2022年6月27日(月)時点

地震や台風、豪雨などで被災した、鉄道の長期不通区間を表示しています。出張や鉄道旅行の計画にお役立てください。2011年3月までさかのぼって、過去の日付での状況を確認することもできます。なお、最新の運行状況は「運行情報サイト更新状況」もご覧ください。

鉄道運行マップ

この運行地図はGoogleマップを使用しています

全線で運転を見合わせている場合は「全線不通」、一部のみ運転を見合わせている場合は「一部不通」と示しています

過去の運行状況を見る

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

ヘルプ本マップについて


地震や台風などの災害により、連続3日間を超えて運行を停止した区間を本ページでは「長期不通区間」とみなし、現在の状況と2011年3月までの不通・復旧の履歴を掲載しています。

「長期不通区間」でない場合でも、一時的な安全確認などで運転を見合わせている場合があります。今日の運行状況は運行情報サイト更新状況でお確かめください。

不通・復旧履歴