ワタシダさんのブログ

すべて外部サイト

ブログ記事一覧(新しく書かれた順) / 1~20件を表示しています

全1148件

  • 8両が9編成、合計は72両しかなく、小田急の中では少数派の形式となっている2000形。ワイドドアを採用していることもあり、今後の扱われ方が心配な車両です。ファンからは今後について色々な見方がされていますが...

    ワタシダさんのブログ

  • 通勤型車両の新形式となる5000形が登場し、少しずつ車両の置き換えが進んでいる小田急。まだ新しく感じる1000形が廃車となったことは、小田急ファンに衝撃を与えました。そこで、今回は小田急に在籍している各形...

    ワタシダさんのブログ

  • 小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、現在は唐木田までを結んでいる小田急の多摩線。開業当時は沿線の開発が進んでおらず、2両編成の車両が走るような路線でした。利用客が増加したことや、駅がリニューアルされたこ...

    ワタシダさんのブログ

  • 5000形の5055Fが営業運転を開始したことで、4両で廃車となる編成がどれになるのかが注目されていましたが、1000形の未更新車である1053Fが廃車となったようです。先輩である8000形よりも廃車が進む1000形は、リニ...

    ワタシダさんのブログ

  • 昔に比べると、1編成あたりに搭載しているパンタグラフが少なくなった小田急の車両。最新型の5000形は10両で4基となっていますが、4000形では3基まで減っていました。小田急のパンタグラフはいつ頃から減り始めた...

    ワタシダさんのブログ

  • 山を目指す小田原線に対して、海を目指すのが江ノ島線です。多くの駅で10両編成が停車できるようになった小田急ですが、江ノ島線は6両までしかホームの長さがない駅が多く、各駅停車は6両での運転に限定されてい...

    ワタシダさんのブログ

  • 東京メトロ千代田線への直通運転用車両として、2007年に登場した小田急4000形。現在はJR東日本の常磐緩行線にも乗り入れており、活躍の幅が広がっています。将来的な直通運転に備えていたためか、E233系をベース...

    ワタシダさんのブログ

  • 東京メトロ千代田線から小田急に乗り入れる最初の車両として、1971年に量産車が登場した6000系。千代田線の車両といえば、まだ6000系を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。6000系は製造が長期間に渡った...

    ワタシダさんのブログ

  • 小田原線の相模大野から分岐し、藤沢を経て終点の片瀬江ノ島までを結んでいる小田急の江ノ島線。現在は快速急行が1時間に3本程度走っており、優等列車が少なかった昔と比べると、かなり利用しやすい路線となりま...

    ワタシダさんのブログ

  • 廃車とリニューアルが同時に進行し、急速に未更新車が数を減らしている小田急1000形。どうしても未更新車に注目が集まる状況ですが、リニューアルが済んでいる4両も忘れてはいけない存在です。1000形では最も多く...

    ワタシダさんのブログ

  • 大量に増備された結果、小田急で最も多く6両編成が在籍する形式となった3000形。6両ならではの装備品としてはブレーキ読み替え装置がありますが、それ以外にも6両でしか見られない面白いものがあります。今回は、...

    ワタシダさんのブログ

  • 改良工事によって10両編成に対応したホームとなり、同時に小田急では珍しい島式ホームとなった代々木八幡駅。小田急の待避設備がない駅で島式ホームが採用されることは珍しく、過去にもほとんど採用例がありませ...

    ワタシダさんのブログ

  • 最盛期には180両が在籍し、2012年までに全編成が引退した小田急5000形。1990年度から車体修理が開始され、2002年度までに全編成が施工されましたが、編成ごとの仕様差が多く、趣味的には面白い状態となりました。...

    ワタシダさんのブログ

  • 小田急、相鉄、JR東日本の3社が乗り入れ、近年も発展が続く海老名駅。海老名検車区が隣接し、2面4線の大規模な駅となっていますが、小田急の開業時には存在しない駅でした。しかし、開業時には駅がなかったのかと...

    ワタシダさんのブログ

  • 小田急で最大の勢力を誇り、比較的近年まで増備が続いた3000形。あまりにも両数が多いため、趣味的には興味の対象から外れがちな形式ですが、細かい部分に違いがある面白い車両です。今回は、3000形の最終増備車...

    ワタシダさんのブログ

  • 多摩線の分岐駅として、1974年に開業した小田急の新百合ヶ丘駅。開業当初は周辺が山林ばかりでしたが、発展が続いた結果、現在は落ち着きがありながらも多くの利用者で賑わう駅となっています。今回は、新百合ヶ...

    ワタシダさんのブログ

  • 1999年に定期運用を終了し、2000年までにゆめ70を含む全ての編成が廃車となった小田急のNSE。2021年4月のオープンが予定されているロマンスカーミュージアムには、保存されている3両が展示される予定となっていま...

    ワタシダさんのブログ

  • 小田急5000形の5編成目となる5055Fが、2021年2月11日より営業運転を開始しました。5055Fの営業運転開始によって5000形は合計50両となり、小田急線上で5000形を見かける機会がさらに増えそうです。そして、新しい...

    ワタシダさんのブログ

  • 多くの鉄道車両の前面に備えられている連結器。小田急の車両も例外ではなく、ロマンスカーの一部を除き、前面に密着連結器が装備されています。現在は密着連結器を装備している小田急の車両ですが、昔は並形自動...

    ワタシダさんのブログ

  • 各駅停車が優等列車との待ち合わせや通過待ちの際に入るのが、主に大きな駅に設けられている待避線です。複々線化によって少し減りましたが、小田急でもこのような光景は多く見られます。待避線が設けられている...

    ワタシダさんのブログ

鉄道コムおすすめ情報

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

仙台市新型車両投票

仙台市交通局が、新型車両のデザインを投票で決定。3月9日から受付。

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

画像

千葉エリアの新型車両

千葉エリア向けの新型車両「E131系」。報道公開の際、筆者がファン目線で気になったこととは?

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

非公開でメッセージを送信