鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

近鉄の新型一般車両「8A系」、2024年10月デビューへ 2025年度には名古屋線にも投入

2024年5月10日(金)16時2分

近畿日本鉄道は10日、新型一般車両について、営業運転開始時期や形式名などを発表した。

新型一般車両は、同社が2022年に導入を発表していたもの。2024年10月、奈良線、京都線、橿原線、天理線などで営業運転を開始する。形式名は「8A系」。

新型車両「8A系」
新型車両「8A系」

車両の外観は、赤・白のツートンカラー。「近鉄らしさを踏まえ、ご利用の皆さまに身近に、親しみを持っていただける新しいデザイン」としたという。

車内の座席は、車端部の優先席付近を除き、ロングシートとクロスシートを切り換えできる「L/Cシート」を設置。1両の中でロングシートとクロスシートを混在して配置することも可能としている。また、車両中央の乗降扉付近には、ベビーカー・大型荷物対応スペース「やさしば」を、1両あたり2か所設置。前向き、横向きのいずれでも着席できる座席と、ベビーカーや大型荷物などのスペースを兼ね備えたもので、床面にはストッパーを設置する。

8A系の車内(イメージ)
8A系の車内(イメージ)
8A系の車内座席配置(クロスシート運用イメージ)
8A系の車内座席配置(クロスシート運用イメージ)
「やさしば」の利用イメージ
「やさしば」の利用イメージ

また、車内保温用の扉個別開閉スイッチを、近鉄ではケーブルカー以外で初めて導入。このほか、各車4か所の防犯カメラや、同1か所のフリースペースの設置、扉上の大型液晶ディスプレイ設置、新型走行機器の導入などにより、セキュリティ性の向上、バリアフリーへの配慮、省エネ化の推進を図る。

8A系は、2024年度は4両編成12本を、奈良線・京都線系統に順次導入。2025年度は、奈良線・京都線系統に同9本を投入するほか、大阪線系統に同2本、名古屋線系統および南大阪線系統に各3本を投入する。近鉄の新型一般車両の導入は、2000年デビューの「シリーズ21」以来となる。

2024年5月10日(金)16時2分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

夏臨の185系はわずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

デビュー20年超の東急車リニューアルへ

2024年度設備投資計画で発表。3000系以外も対象に?東急広報へ聞きました。

画像

「表定速度」日本最速は?

「表定速度」が最も速い列車は? 新幹線と在来線の各列車を見る2024年度版ランキング

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。