鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

事情さまざま、わずかな製造数で終わってしまった鉄道車両たち 東日本編

2020年5月26日(火) 鉄道コムスタッフ

形式を変更してもまだまだ活躍

昔からラッシュ時の混雑が激しいことで知られる東急田園都市線。この路線の輸送力増強策の一環として、東京急行電鉄(当時)は1992年に2000系を製造し投入しました。

田園都市線で活躍していたころの2000系
田園都市線で活躍していたころの2000系

2000系のデザインは、当時東横線で活躍していた9000系と共通です。ただし、内装については「人にやさしい電車」をコンセプトとし、握り棒の増設や新デザインの貫通扉の採用など、9000系以上の客室内空間を目指した車両となりました。

田園都市線では8500系以来、約15年ぶりの自社新型車両となった2000系ですが、製造数は10両編成3本の30両のみとなりました。2003年に、田園都市線が地下鉄半蔵門線を介して東武伊勢崎線との相互直通運転を始めた際には、編成数が少ない車両に対する東武鉄道社員への事前教育の手間を嫌い、2000系は8590系や8500系の一部と共に、押上駅までで折り返す列車に限定されて運用されるようになりました。

そんな2000系ですが、2018年に転機が訪れます。東急では田園都市線へ新型車両の2020系を導入し、旧型車両を置き換えるとしていましたが、東武線へ直通できないために運用範囲が限られる2000系と8590系も、2020系による置き換え対象となりました。

8590系は機器設計が古いために全車が廃車となりましたが(後に一部が富山地方鉄道に譲渡)、2000系は編成を5両に短縮の上、大井町線へ転属する措置が取られました。2018年中に、機器更新を受けていた1本が5両編成に短縮され、大井町線へと転属して運用を開始しました。

翌2019年には、残る2本の2000系も大井町線へと転属します。この際、2000系は形式を9020系へと改番。同じ大井町線で活躍する9000系の派生車両のような番号となりました。2018年に先行して転用されていた1本も2019年2月に9020系へと改番されており、現在は9020系5両編成3本の陣容となっています。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

ハッピートレイン写真募集中!

東急のラッピング車両「いけたまハッピートレイン」。投稿写真を大募集!投稿はこちらから。