鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

1編成のみ在籍、各線の特徴的な鉄道車両たち

2020年5月17日(日) 鉄道コムスタッフ

JRや大手私鉄の一般列車では、性能や車両設備などの仕様をそろえるために、形式を統一することが一般的です。しかしながら、車両の転属や投入計画の変更といったさまざまな理由で、他と異なる形式・仕様の車両が1編成のみ残されてしまうこともあります。

大量に製造された形式ながら、ある路線では1編成のみの珍しい存在となっている、そんな車両たちをご紹介します。

1編成のみが置き換え対象外に

京葉線で活躍する209系500番台のケヨ34編成は、京葉線用として活躍する唯一の209系となっています。

京葉線用209系として唯一残ったケヨ34編成
京葉線用209系として唯一残ったケヨ34編成

209系500番台は、それまで京葉線で活躍していた201系を置き換えるため、2008年に4編成が京浜東北線より転属してきました。しかしながら、同線の201系や205系を置き換えるE233系5000番台の投入が2010年より始まり、209系もこの置き換え対象に。ケヨ31~33編成の3編成は、2010年12月のダイヤ改正で列車が増発された武蔵野線へと転用されました。

一方、ケヨ34編成のみは武蔵野線へ転用されることはありませんでした。JR東日本は当初、京葉線にE233系を25本250両投入すると発表していましたが、実際の投入数は1本少ない24本240両に留まったのです。結局、209系はこの1編成のみが置き換えられず、そのまま活躍を続けることとなりました。

ケヨ34編成は、2016年に制御装置などの機器を更新しており、以降の定期検査も通常通り施行されています。京葉線に1本のみ残る珍編成の活躍は、まだまだ続くようです。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

ハッピートレイン写真募集中!

東急のラッピング車両「いけたまハッピートレイン」。投稿写真を大募集!投稿はこちらから。