1編成のみ在籍、各線の特徴的な鉄道車両たち

2020年5月17日(日) 鉄道コムスタッフ

JRや大手私鉄の一般列車では、性能や車両設備などの仕様をそろえるために、形式を統一することが一般的です。しかしながら、車両の転属や投入計画の変更といったさまざまな理由で、他と異なる形式・仕様の車両が1編成のみ残されてしまうこともあります。

大量に製造された形式ながら、ある路線では1編成のみの珍しい存在となっている、そんな車両たちをご紹介します。

1編成のみが置き換え対象外に

京葉線で活躍する209系500番台のケヨ34編成は、京葉線用として活躍する唯一の209系となっています。

京葉線用209系として唯一残ったケヨ34編成
京葉線用209系として唯一残ったケヨ34編成

209系500番台は、それまで京葉線で活躍していた201系を置き換えるため、2008年に4編成が京浜東北線より転属してきました。しかしながら、同線の201系や205系を置き換えるE233系5000番台の投入が2010年より始まり、209系もこの置き換え対象に。ケヨ31~33編成の3編成は、2010年12月のダイヤ改正で列車が増発された武蔵野線へと転用されました。

一方、ケヨ34編成のみは武蔵野線へ転用されることはありませんでした。JR東日本は当初、京葉線にE233系を25本250両投入すると発表していましたが、実際の投入数は1本少ない24本240両に留まったのです。結局、209系はこの1編成のみが置き換えられず、そのまま活躍を続けることとなりました。

ケヨ34編成は、2016年に制御装置などの機器を更新しており、以降の定期検査も通常通り施行されています。京葉線に1本のみ残る珍編成の活躍は、まだまだ続くようです。

次のページ
同形式でも違う仕様

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

函館市電、都電荒川線、万葉線、豊橋鉄道、伊予鉄道、長崎電気軌道、熊本市電…

鉄道コムおすすめ情報

画像

虎ノ門ヒルズ駅

6月6日、日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業。同日、「THライナー」の運転も開始。

画像

伊豆急が「インフラドクター」導入

検測用自動車を用いる「鉄道版インフラドクター」が、6月中旬より伊豆急行線で運用開始。

画像

車両数日本一のE233系

209系やE231系に続く、JR東日本第3世代として登場したE233系。その設計思想や来歴をご紹介。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

新宿駅自由通路

7月19日、新宿駅の東西自由通路が供用開始。あわせて一部改札口の名称を変更。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。