鉄道コム

激動の2021年、鉄道業界の話題を振り返る

2021年12月25日(土) 鉄道コムスタッフ

廃止が相次いだ各地の列車

毎年大きな動きがある春のダイヤ改正では、2021年も列車の新設と廃止がありました。3月13日のダイヤ改正で大きく変化したのは、通勤用の優等列車。JR東日本の東海道線では、最後まで残ったホームライナー「湘南ライナー」が廃止されました。使用車両も、廃止時点では215系と185系、かつては251系やE351系などと多様でしたが、新設された特急「湘南」に役目を交代し、車両はリニューアル工事を受けたばかりのE257系に統一されました。

廃止された「湘南ライナー」
廃止された「湘南ライナー」

信越エリアでも、通勤用快速「おはよう信越」「らくらくトレイン信越」が廃止され、新設の快速「信越」に置き換わりました。使用車両に変化はありませんが、乗車に必要な券が従来の「乗車整理券」から「指定席券」に変わりました。また、白新線・羽越本線で運行されていた、「らくらくトレイン村上」も姿を消しました。こちらは代替の列車の運行はなく、完全な消滅となります。

JR九州の鹿児島本線でも、大牟田~博多間で平日朝に運転されていた特急「有明」が廃止されました。かつては博多と鹿児島を結ぶ特急列車でしたが、1992年に在来線特急「つばめ」が登場してからは博多~熊本間が主体の列車に。さらに2011年の九州新幹線博多~鹿児島中央間全線開業で通勤ライナー的な性格の列車となり、2018年以降は上り1本のみの運転となっていました。

末期は上り1本のみだった特急「有明」
末期は上り1本のみだった特急「有明」

地方の快速列車も廃止が相次ぎました。東北エリアでは、東北本線の福島~仙台間における運行形態を白石駅で分離するのにあわせ、快速「仙台シティラビット」が廃止。九州エリアでは、肥薩おれんじ鉄道が土休日に運転していた八代~出水間の快速「スーパーおれんじ」、出水~川内間の快速「オーシャンライナーさつま」が、利用者減少のために廃止されています。

春のダイヤ改正以外でも動きが。近畿エリアでは、「SL北びわこ号」が運転終了となりました。北陸本線の米原~木ノ本間で運転されていたSL列車ですが、2020年春以降は新型コロナウィルス感染拡大の影響で運転を休止。機関車が蒸気を吐き出すために客車の換気が困難なこと、使用する客車の老朽化が進み、保守部品の入手が困難なことから、復活することなく廃止となりました。

廃止された「SL北びわこ号」(さのやんさんの鉄道コム投稿写真)
廃止された「SL北びわこ号」(さのやんさんの鉄道コム投稿写真)

ダイヤ改正にあわせたものではありませんでしたが、2021年1月以降の繁忙期には、青函トンネルでの時速210キロ運転が実施されました。もともと新幹線の走行を想定していた青函トンネルですが、線路を共用する貨物列車へ与える影響を考慮して、速度が抑えられていました。貨物列車を削減できるシーズンに限られたものとなりますが、青函トンネルでは始めて時速200キロ超の高速運転が実現しました。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: