鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

原宿駅のシンボル「木造駅舎」が再現で復活へ 一部は旧駅舎の部材再活用も、使用範囲は?

2024年4月24日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR東日本首都圏本部は4月23日、原宿駅旧駅舎跡地開発の工事に着手すると発表しました。

原宿駅旧駅舎跡地開発のイメージパース
原宿駅旧駅舎跡地開発のイメージパース

原宿駅の旧駅舎は、1924年に竣工したもの。尖塔を載せた「ハーフティンバー様式」風のデザインが特徴で、現役末期のころは、都内最古の木造駅舎となっていました。JR東日本では、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた混雑対策の一環として、同駅の駅舎建て替え工事を実施。新駅舎の供用開始とともに、旧駅舎は2020年3月に役目を終えていました。

同社が進める跡地開発では、原宿駅新駅舎の北側に、商業施設を建設します。施設は地下1階・地上4階建て。「時とつながる」「まちとつながる」「文化とつながる」を開発コンセプトとし、原宿駅の記憶の継承、周辺環境との調和、原宿のシンボルとなる存在を目指します。

敷地内には、旧駅舎の外観を可能な限り再現した建物を建設。この建物では、旧駅舎で使用していた外装材の一部を再使用するといいます。JR東日本首都圏本部の広報担当部門に聞くと、旧駅舎の部材は現在保管しているそうですが、新施設においてどの部分を再活用するかは現状未定だと説明。部材の痛みや現行法令への適合の可否を判断しつつ、使用範囲を今後検討するとしています。

工事期間は、5月末から2026年12月まで。商業施設の開業は、2026年度冬を予定しています。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

夏臨の185系はわずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

デビュー20年超の東急車リニューアルへ

2024年度設備投資計画で発表。3000系以外も対象に?東急広報へ聞きました。

画像

近鉄新型の形式名は「8A系」

新型一般車両「8A系」。2024年10月に奈良線・京都線でデビュー。2025年度には名古屋線にも。

画像

「表定速度」日本最速は?

「表定速度」が最も速い列車は? 新幹線と在来線の各列車を見る2024年度版ランキング

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。