鉄道コム

2021年春ダイヤ改正

2021年春ダイヤ改正で何が変わる?~西日本編~

2021年3月8日(月) 鉄道コムスタッフ

毎年恒例となっている春のJRグループダイヤ改正。2021年は3月13日(土)に実施されます。

今回のダイヤ改正では、新型コロナウイルスによる利用者減少の影響で、各社とも列車の削減傾向が目立ちます。また、多くの事業者が終電の繰り上げを実施。一例を挙げると、JR西日本の場合、各線で最大10~30分程度の繰り上げを実施します。

これに加えて、新型車の運用拡大による旧型車両の運転終了といった話題も。東海エリア以西のJRグループや、大きな変更点がある私鉄のダイヤ改正概要をご紹介します。

N700Sが固定ダイヤで運転

2020年3月のダイヤ改正で700系が撤退し、全営業車両の性能が統一された東海道新幹線。これによって全形式の運用が共通となり、同年7月にデビューした最新車両のN700Sも、従来のN700系やN700Aと区別無く運用されていました。

固定ダイヤでの運転が始まるN700S
固定ダイヤでの運転が始まるN700S

しかしながらJR東海では、3月のダイヤ改正にあわせて、東海道新幹線の一部列車をN700Sの固定ダイヤで運転することとしました。対象列車は、「のぞみ」が下り5本、上り4本、「ひかり」が下り1本、上り2本、「こだま」が上下各3本。従来は当日まで充当列車が不明だったN700Sの運用を、簡単に選ぶことができるようになります。

なお、設定期間については、3月時点では6月30日までの設定列車のみが発表されていますが、JR東海によると、「今後の設定については、お客様の反応を見ながら検討していく」とのことです。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: