さよなら東海道新幹線700系

700系まもなく引退、6倍に増える「のぞみ」と歩んだ約20年の歴史

2020年2月22日(土) 鉄道コムスタッフ

いよいよ3月に東海道新幹線から引退する700系。2月からは「ありがとう700系」装飾を掲げ、臨時「のぞみ」として東京~新大阪間で運転されています。

3月に東海道新幹線から引退する700系
3月に東海道新幹線から引退する700系

初代「のぞみ」用車両として登場した300系や、そのフォルムが今でも絶大な人気を誇る500系、東海道新幹線の時速285キロ運転を実現したN700系シリーズと異なり、どちらかといえば脇役な扱いをされがちな700系。しかし、その歴史を見ると、ダイヤや環境性能、乗り心地など、現在の東海道新幹線を形作るのに貢献してきた車両でした。

700系の登場、ダイヤは「ひかり」から「のぞみ」へ

1996年に、JR東海とJR西日本の2社による共同開発車両「N300系」として発表された700系。JR東海の試験車両「300X」や、翌年3月にデビューするJR西日本の500系など、両社の車両技術を活かし、乗り心地や環境性能の向上を目指して開発がスタート。量産先行試作車のC0編成(後のC1編成)が、1997年に登場しました。

700系の量産先行試作車であるC1編成。量産化改造を受けてC0編成からC1編成に改番されました
700系の量産先行試作車であるC1編成。量産化改造を受けてC0編成からC1編成に改番されました

横揺れに配慮した先頭部や、骨格を減らしつつ強度を確保し、防音材も組み込んだダブルスキン構造の車体、新型空調システムや揺れを抑えるセミアクティブサスペンションの採用など、速度向上を主眼に置いた300系に対し、乗り心地や環境性能など、全方面の性能向上が目標に置かれました。

車内環境は300系よりも大幅に向上しました
車内環境は300系よりも大幅に向上しました

C0編成は落成後、量産車の製造に向け、さまざまな試験をこなしました。その結果をフィードバックした量産車の登場は1999年。そして同年3月より、東海道・山陽新幹線での営業運転を開始しました。

700系がデビューした当時、東海道新幹線のダイヤは「のぞみ」ではなく「ひかり」が主流。2020年3月以降は1時間あたり最大12本も運転される「のぞみ」ですが、1999年当時は1時間あたり最大2本のダイヤ。看板列車は「のぞみ」でしたが、主力となっていたのは、1時間あたり最大7本運転される「ひかり」でした。

車両面でも現在とは大きな違いがありました。たった半年の共演ではありましたが、1999年9月までは0系が東海道新幹線で運用されていました。2階建て車両を組み込んだ100系も、「ひかり」でまだまだ現役。「のぞみ」では2時間に1本の間隔で500系が使用されていましたが、主流となっていたのは300系でした。

そんな時代の中で、700系は急速に数を増やし、東海道新幹線の主力車両としての立場を得ていきます。

1999年中に、700系は東海道新幹線の0系と、300系による東京~博多間直通の定期「のぞみ」運用を置き換えました。2001年10月のダイヤ改正では「ひかり」毎時1本が「のぞみ」となり、本数は1.5倍に。100系の置き換えも進み、東京駅発着の定期列車から100系は撤退しました。そして翌2002年には300系の定期「のぞみ」運用も全て置き換え、500系以外の定期「のぞみ」は全て700系による運用となりました。

700系が置き換えた東海道新幹線の0系
700系が置き換えた東海道新幹線の0系

なお、山陽新幹線の「ひかりレールスター」用として、JR西日本も2000年に8両編成のE編成を投入。2001年には、JR西日本の16両編成バージョンであるB編成を製造し、100系の運用を置き換えています。

次のページ
デビュー時の4倍に増えた「のぞみ」

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ななつ星in九州、みずほ、ハウステンボス、A列車で行こう、旅人、ことこと列車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

未来に向けた物語

「1200年、未来に向けた物語」がテーマのラッピング電車。4月2日から京阪石山坂本線で運転。

画像

京急品川駅が地平に

東京都が京急線泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業に着手。品川駅は地平化し、2面4線に。

画像

新たな路面電車「LRT」とは

富山県の富山港線のほか、宇都宮でも建設が進む「LRT」。その内容や導入効果をご紹介します。

画像

「鉄道王国」富山

路面電車や観光鉄道、地方都市最大級の私鉄が走る富山県。なぜここまで鉄道が広く普及したのでしょうか。

画像

新「アンパンマン列車」導入

JR四国が、2700系の「アンパンマン列車」を新たに導入。運転開始予定は2020年夏。

画像

4月の鉄道イベント一覧

暖かくなる時期となりました。4月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。