鉄道コム

鉄道コらム

「鉄道の聖地」を目指す岡山! 今週一週間の鉄道ニュース

2022年8月14日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

お盆期間に入り、世間も行楽ムードが漂う今週一週間(8月8日~14日)。この中の鉄道ニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

まずご紹介するのは、JR西日本の岡山支社が開催している「おか鉄フェス2022」。国鉄型車両が多く残る岡山・備後エリアを「鉄道の聖地」とするべく企画されており、これまでに、運転体験イベントやリバイバル急行「鷲羽」の運転といったイベントを実施しています。

「おか鉄フェス」の一環で9月に「マリンライナー」となる213系
「おか鉄フェス」の一環で9月に「マリンライナー」となる213系

そんな「おか鉄フェス」は、企画の発表にあわせて記者会見が開催されました。鉄道コム編集部がネットメディア向けの会見に参加したところ、企画の内容発表や質疑応答のみならず、鉄道好きな各メディアの担当者にアイデアを聞く、ということもありました。たとえば、リバイバル急行「砂丘」の運転で、「タブレット交換シーンを再現したらどうか」という意見が。同社の社内でも検討していたという回答で、結果的に8月11日の運転で再現されたようです。

この「おか鉄フェス」で最後に発表された企画の一つは、213系による「マリンライナー」のリバイバル運転。現在の213系は行先表示器がLEDに更新されており、「マリンライナー」運用当時とは異なるのですが、この部分の再現について、今回「他社のようにステッカーで再現するのはどうか」という意見が上がりました。その結果は……9月25日の運転をお楽しみに!

続いてご紹介するのは、大阪メトロが導入を発表した「バリアフリー料金」。利用者に薄く広くバリアフリー設備の導入費用を負担してもらうためのもので、これまでにも京阪や阪急など、都市部の各事業者が導入を発表しています。

大阪メトロが導入とあわせて発表したバリアフリー設備整備計画では、御堂筋線18本の車両を更新し、車両とホームの段差を低減することも盛り込まれました。ところで、現時点で御堂筋線を走る21系の本数は18本。つい先日、旧型車両の10系が完全引退したばかりの御堂筋線ですが、早くも次の車両置き換えが始まりそうな雰囲気です。

御堂筋線の21系。18本が在籍しています
御堂筋線の21系。18本が在籍しています

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください