鉄道コム

大阪メトロがバリアフリー料金の導入を発表、御堂筋線の車両置き換えも実施へ

2022年8月12日(金)14時28分

大阪メトロは10日、国土交通省近畿運輸局長に対し、「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用した料金設定や整備計画を届け出た。

大阪メトロ御堂筋線の車両
大阪メトロ御堂筋線の車両

鉄道駅バリアフリー料金制度は、都市部の鉄道利用者の薄く広い負担により、バリアフリー設備の整備拡大を目指すため、国が創設したもの。大阪メトロでは、同制度に基づく「鉄道駅バリアフリー料金」として、普通旅客運賃は大人10円、通勤定期旅客運賃は1か月380円を、運賃に加算し収受。対象は全路線で、各種回数券や1日乗車券にも加算する。小児運賃の加算料金は大人の同料金の半額とするほか、通学定期旅客運賃は加算対象外とする。同料金の年間徴収額は57億5400万円を見込む。

料金設定にあわせて届け出たバリアフリー設備の整備計画では、2021年度から2025年度にかけて、72駅147番線への可動式ホーム柵整備、83駅152改札口へのサービス情報表示器設置など、2026年度から2035年度にかけて、御堂筋線への低床車両18本の導入による段差解消、20駅33基へのエレベーター整備などを盛り込んでいる。このうち、2025年度以前の整備予定分の一部を除く各整備計画に対し、バリアフリー料金制度を活用する。総整備費は、2021年度から2025年度までで392億9500万円、2026年度から2035年度までで1060億8900万円を見込む。

鉄道駅バリアフリー料金の収受開始は、2023年4月1日を予定。大阪メトロは、あらゆる利用者が今以上に便利で快適に利用できるよう、ハード・ソフトの両面からバリアフリー化の促進に取り組むとしている。

2022年8月12日(金)14時28分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全9件

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

6000系・7000系撮影会

東京メトロ6000系・7000系の有料撮影会。新木場車両基地で10月22日に開催。

画像

ことでん復刻塗装

高松琴平電気鉄道の1080形1本が、導入時の塗装にリバイバル。10月28日に琴平線で運転開始。

画像

鉄道開業150年記念弁当

JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒の記念弁当。事前申込制で限定販売

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]