鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

市営交通の冷房化の嚆矢、引退。さらば、大阪メトロ10系

2022年7月5日(火) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

7月4日、大阪メトロ10系の1126編成が、緑木検車場へ回送されました。これをもって、同社の10系は引退となりました。

10系は1973年、大阪市交通局(当時)初の電機子チョッパ制御車として谷町線に配置された20系(4両編成1本)が始まりでした。その後、「10系」への形式変更と8両編成化を行い、御堂筋線に転属。1979年に誕生した第2編成では、正面デザインが変更されたほか、大阪市営地下鉄で初めて冷房装置が搭載されました。1989年までに9両編成26本が出そろい、1996年には組成変更によって10両編成23本の体制になりました。1998年から車体更新が始まり、側面帯のデザインの変更、車内設備の一新のほか、前面のブラックフェイス化など、スタイリッシュな風貌に変わりました。2006年以降の更新車は制御装置をVVVFインバータへ変更し、形式も「10A系」と区別されています。

更新後の姿。左がVVVF化した10A系、右がチョッパ制御のまま更新した10系です
更新後の姿。左がVVVF化した10A系、右がチョッパ制御のまま更新した10系です

装いを一新し、新車とともに御堂筋線ほぼ一筋で走り続けた10系ですが、未更新車は2011年までに引退。更新車も、2013年頃から30000系と入れ替わる形で廃車が始まります。2019年以降はVVVF制御の10A系も置き換え対象となり、急激に数を減らしました。最後に残ったのはラストナンバーの1126編成で、引退前の約2週間は、記念のヘッドマークを掲出しました。

交通局初の冷房車として、大阪随一の大動脈である御堂筋線を支え続けてきた10系。全面広告や市営交通110周年のリバイバルラッピングなど、ときに少々の遊び心が見られる「楽しい電車」でした。しかし、寄る年波には勝てず、登場50周年を迎えずに姿を消すことになりました。いまは、緑木検車場に残る未更新車の先頭部分が、10系の存在を後世に残す唯一の存在です。

未更新車時代の10系
未更新車時代の10系

関連鉄道コらム

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。