鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

相鉄・東急直通線や大阪駅うめきたエリア開業など 2023年に予定されている鉄道の動き

2023年1月1日(祝) 鉄道コムスタッフ

相鉄・東急直通線以外にも新線が 路線の動き

相鉄・東急直通線やうめきたエリアの他にも、2023年にはさまざまな路線の開業が予定されています。

3月には、福岡市営地下鉄七隈線が、博多~天神南間で延伸します。2005年に開業した七隈線ですが、他路線との乗換駅である天神南駅は、空港線の天神駅からは500メートルほど離れており、徒歩での連絡が必要となっていました。今回の延伸開業で、空港線との接続駅は博多駅となり、長い距離の徒歩連絡は解消されることとなります。

七隈線の3000A系(画像:福岡市)
七隈線の3000A系(画像:福岡市)
博多駅のイメージ図(画像:福岡市)
博多駅のイメージ図(画像:福岡市)

8月には、宇都宮ライトレールの開業が予定されています。この路線は、宇都宮駅東口と芳賀町を結ぶもの。これまで路面電車が敷設されていなかった地区での新規路線開業は、約75年ぶりのこととなります。

宇都宮ライトレールの車両(画像:宇都宮市)
宇都宮ライトレールの車両(画像:宇都宮市)

ライトレールは、次世代型の路面電車のこと。宇都宮ライトレールでは、開業時は他の路面電車と同じ最高時速40キロの運転ですが、今後はさらなる高速化、優等列車の運転など、高規格路線にふさわしい運転体系を検討しています。

工事が進む宇都宮ライトレールの駅(2021年8月撮影)
工事が進む宇都宮ライトレールの駅(2021年8月撮影)

2023年夏には、JR九州が日田彦山線BRTの運行を開始します。日田彦山線は、2017年7月の九州北部豪雨で被災し、添田~夜明間の運休が続いてきました。この日田彦山線の線路の一部を専用道に転用して走るのが、この日田彦山線BRT。東日本大震災で被災し転換された気仙沼線・大船渡線のように、鉄路の代替として、かつ鉄道時代よりも駅を増やして利便性を向上し、走ることとなります。

日田彦山線BRTの車両イメージ(画像:JR九州)
日田彦山線BRTの車両イメージ(画像:JR九州)

一方で、路線廃止という残念な予定も。JR北海道は、3月31日の営業を最後に、留萌本線石狩沼田~留萌間を廃止します。

留萌本線は、かつては深川~留萌~増毛間を結んでおり、急行列車や「SLすずらん号」「ノロッコ号」といった観光列車も運行されていました。しかし、利用客の減少によって赤字が拡大し、JR北海道が路線廃止の方針を表明。自治体との協議によって、順次廃止されることが決定しています。

留萌~増毛間は、2016年12月に廃止。石狩沼田~留萌間も2023年4月1日付で廃止され、残る深川~石狩沼田間も、2026年3月で廃止とする方針が立てられました。「本線」を名乗る路線が全廃となるのは、1989年廃止の名寄本線以来2例目となる予定です。

2016年に廃止された留萌本線留萌~増毛間
2016年に廃止された留萌本線留萌~増毛間

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

2024年春改正、何が変わる?

北陸新幹線延伸に、E8系デビューなど。春のダイヤ改正の動きを項目別にご紹介。

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。