鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

相鉄・東急直通線や大阪駅うめきたエリア開業など 2023年に予定されている鉄道の動き

2023年1月1日(祝) 鉄道コムスタッフ

「はるか」やおおさか東線などが便利に 大阪駅「うめきたエリア」開業

相鉄・東急直通線開業と同じ3月18日、関西圏では「大阪駅(うめきたエリア)」が開業します。

うめきたエリアの改札口(画像:JR西日本)
うめきたエリアの改札口(画像:JR西日本)

大阪駅のうめきたエリアは、大阪駅の地下新ホーム一体のエリア。これまで大阪駅の北側を通過していた梅田貨物線を地下化し、新たにホームを設置するものです。このエリア一体はもともと、貨物駅である梅田駅(梅田貨物駅)がありました。駅前の一等地にあるこの場所を再開発が計画され、貨物駅としての機能は現在の吹田貨物ターミナルなどに移転。広大な駅用地は更地となり、2023年1月現在は再開発が進められています。

うめきたエリア付近の地下化の平面図・断面図(画像:大阪市)
うめきたエリア付近の地下化の平面図・断面図(画像:大阪市)
再開発が進む、かつての梅田貨物駅一帯
再開発が進む、かつての梅田貨物駅一帯

この新ホームには、特急「くろしお」と「はるか」が停車。これまで大阪駅近傍の梅田貨物線を通過していたものの、ホームがなかったために大阪駅が通過扱いとなっていた列車です。新ホームへの特急停車開始によって、JR神戸線方面から関空・和歌山方面への利便性が向上することとなります。

うめきたエリアに停車する特急「はるか」
うめきたエリアに停車する特急「はるか」

加えて、これまでは新大阪駅発着だったおおさか東線も、新ホーム開業にあわせて大阪駅発着に、運転区間が延長されます。

うめきたエリアは、JR西日本がイノベーションの実験場「JR WEST LABO」の中心に位置付けることとしています。さまざまな形式に対応し、壁全体が扉となるホームドアや、個々人に応じた案内表示を提供する「デジタル可変案内サイン」、さらには顔認証改札機の実証実験など、さまざまな新しい試みが導入されます。

さらに先の話となりますが、2031年にはうめきたエリアとJR難波駅・南海新今宮駅を結ぶ「なにわ筋線」が開業する予定。今後も、うめきたエリアはさらなる発展を遂げることとなります。

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。子ども向けのイベントが中心で、今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。