鉄道コム

2022年春ダイヤ改正で何が変わる?~東日本編~

2022年3月6日(日) 鉄道コムスタッフ

2つの消える205系

首都圏では、3路線で205系が営業運転を終了します。

相模線では、1991年の電化開業時にあわせて投入された205系500番台が引退。E131系に置き換えられます。

相模線用の205系500番台
相模線用の205系500番台

205系500番台は、山手線でデビューした車両と同じ205系ではありますが、先頭部のデザインが変更され、表示部にディスプレイを採用したモニタ装置を搭載するなど、従来の205系とは異なる形で製造されました。デザイン変更車や6ドア車といったさまざまなバリエーションを有したJR東日本の205系ですが、新製時より別番台に区分されていたグループは、この500番台のみとなります。

500番台を置き換えるE131系500番台は、2021年11月に営業運転を開始。既に多くの205系を置き換えており、205系の活躍も残すところわずかとなっています。

また相模線では、ダイヤ改正にあわせて横浜線への直通運転を廃止。E131系が八王子駅へ乗り入れる姿も、わずか4か月ほどの短期間となります。

東北本線(宇都宮線)と日光線では、205系600番台が引退。こちらもE131系へと置き換えられます。

宇都宮線・日光線で活躍してきた205系600番台
宇都宮線・日光線で活躍してきた205系600番台

宇都宮線と日光線では、老朽化した211系や107系を置き換えるため、2013年に205系600番台が投入されました。600番台は4両編成12本が存在。うち10本が元京葉線用、残る2本が元埼京線用で、両者で先頭部のデザインが異なっています。また、主に宇都宮線で運用される車両は湘南色の、主に日光線で活躍する車両は茶色ベースの帯を採用。さらに2018年には、元京葉線用車両が「のってたのしい列車」の「いろは」として改造されており、同一の番台区分ながら外観バリエーションに富んだグループとなっていました。

205系600番台を置き換えるE131系600番台は、205系の日光線用車両を引き継いだ、茶色ベースのカラーリングを採用。205系とは異なり、同じカラーリングの車両が区別なく運用されることとなります。

宇都宮線・日光線用のE131系600番台
宇都宮線・日光線用のE131系600番台

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

叡電712号車リニューアル

700系4両目のリニューアル車。9月には更新工事作業の見学ツアー開催も。

画像

737系2023年春デビュー

JR北海道が新型通勤形車両「737系」を導入。苫小牧~室蘭間で2023年春デビュー。

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: