鉄道コム

2022年春ダイヤ改正で何が変わる?~東日本編~

2022年3月6日(日) 鉄道コムスタッフ

早すぎるロマンスカー「VSE」の引退

多くの私鉄でも、JRグループと同じ3月12日に、ダイヤ改正を実施します。

小田急電鉄では、このダイヤ改正に先立つ3月11日に、ロマンスカー50000形「VSE」の定期運転を終了します。

定期運転を終了する50000形「VSE」
定期運転を終了する50000形「VSE」

VSEのデビューは2005年。当時落ち込んでいたロマンスカーの観光需要のテコ入れを目的に企画され、1987年デビューの10000形「HiSE」以来となる展望席つきロマンスカーとして登場。デビュー時は「シートサービス」を提供するなど、ロマンスカーにおけるフラッグシップとして扱われていました。

一方、デビューから約17年が経過し、搭載機器は経年による老朽化が進んでいました。また、乗り心地向上を目的として採用した「車体傾斜装置」や「車高調整装置」について、部品の入手が困難となっていたともいいます。しかしながらVSEは、熱を加えて溶接する大規模更新が難しい「アルミ合金ダブルスキン」の車体となっており、機器更新や車体傾斜装置等の撤去といった構造変更が困難。そのため、VSEは早期の引退を余儀なくされました。

VSEは、3月11日に定期運転を終了した後も、2023年秋ごろまでの間、臨時ダイヤによるイベント列車での運行を継続する予定。ダイヤ改正後の3月26日には、団体臨時列車「新入生応援号」として運転されることも発表されています。しかしながら、かつてロマンスカーのイメージであった展望席つき車両は、ダイヤ改正後は70000形「GSE」2本のみとなってしまいます。

展望席つきロマンスカーは「GSE」のみに
展望席つきロマンスカーは「GSE」のみに

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: