鉄道コム

新型車両は?新線の開業は? 2022年に予定されている鉄道の動き

2022年1月1日(祝) 鉄道コムスタッフ

E4系の引退や「湘南ライナー」「有明」の廃止など、寂しい話題が多かった2021年。しかし、続く2022年には、新たな新幹線の開業といった明るい話題が待ち構えています。

2022年の鉄道業界では、どのような動きが予定されているのでしょうか。車両や路線などの項目別にたどっていきます。

2022年にデビューする新型車両は

JR東日本では、3月12日のダイヤ改正にて、宇都宮線と日光線にE131系を投入します。2021年3月に房総エリアで2両編成がデビューしていた同形式ですが、今回は3両編成での投入。15本を投入し、従来の205系を置き換えていきます。また、2021年11月にE131系がデビューしていた相模線では、ダイヤ改正以降は全列車が同形式での運転に。従来の205系500番台は引退することとなります。

3月12日のダイヤ改正にあわせてデビューする宇都宮線・日光線用E131系
3月12日のダイヤ改正にあわせてデビューする宇都宮線・日光線用E131系

JR東海では、ダイヤ改正に先立つ3月5日に、新型車両の315系を投入します。1999年デビューの313系以来、約22年ぶりとなる新型車両で、今回は8両編成での投入。中央本線の名古屋~中津川間に順次投入し、JR東海最後の国鉄時代製造車である211系を含む、従来の車両を順次置き換えます。

JR東海の315系
JR東海の315系

私鉄や公営事業者でも新型車両が投入されます。

横浜市交通局では、5月に新型車両の4000形をブルーラインへ投入。デビューから28年が経過した3000A形を順次代替します。

ブルーラインの新型車両4000形(画像:横浜市交通局)
ブルーラインの新型車両4000形(画像:横浜市交通局)

東京都交通局では、三田線の新型車両6500形の営業運転を開始する予定。三田線では初の8両編成による営業運転となり、2022年度に予定されている相鉄・東急直通線の開業に向け、輸送力の増強が図られます。

また7月ごろには、大阪メトロが中央線に30000A系を投入します。2025年に開催予定の大阪・関西万博に向け、中央線の増強用として製造するもので、御堂筋線用の30000系を基本としながらも、内外のデザインが変更されています。2023年4月には、奇抜なデザインで注目を集めた400系も投入される中央線ですが、30000A系については、万博終了後は谷町線への転属を予定しています。

大阪メトロ中央線に投入予定の30000A系。万博終了後は谷町線へ転属する計画です(画像:大阪メトロ)
大阪メトロ中央線に投入予定の30000A系。万博終了後は谷町線へ転属する計画です(画像:大阪メトロ)

譲渡車両としては、伊豆急行で元JR東日本209系が、アルピコ交通で元東武鉄道20000系が、北条鉄道で元JR東日本キハ40系が、それぞれ春ごろにデビューする予定。このうち伊豆急行の元209系については、形式名を3000系とすることが発表されています。

関連鉄道リポート

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: