三田線の新型車両は8両編成に、東京都の6500形

2020年10月29日(木)18時58分

6500形
6500形

東京都交通局は29日、都営地下鉄三田線に、新型車両「6500形」を導入すると発表した。

6500形は、三田線用車両としては、1993年デビューの6300形以来となる、27年ぶりの新型車両。6両編成の6300形に対し、8両編成とすることで、輸送力の増強を図る。

車両コンセプトは、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れた「人にやさしい車両」。全車両にフリースペースを設置するほか、ラッシュ時におけるスムーズな乗降のために乗降口脇のスペースを拡大。多言語対応液晶モニターを設置し、訪日外国人へも配慮する。また、吊手や手すりの数を増やすほか、低い吊手や荷物棚を設置する。車内ではこのほか、座席幅の拡大、大型の座席袖仕切りやLED照明の採用、全車両への防犯カメラの設置などを行う。

6500形は、11月に8両編成1本を搬入後、試験調整等を実施。2022年度に営業運転を開始する。東京都交通局は、6500形を8両編成13本投入するとしている。

なお、2019年に発表した「東京都交通局経営計画2019」では、東京都は三田線において、2022年度から一部の編成を6両から8両に増強するほか、2021年度に新車両を9編成導入するとしている。また、三田線の直通運転先である東急目黒線では、2022年度上期に8両編成の運転を開始する予定となっている。

2020年10月29日(木)18時58分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全75件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全247件

三田線6500形で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全241件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: