鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

「スーパーはくと」の運転区間短縮や嵯峨野線の混雑緩和など JR西の2024年春ダイヤ改正

2023年12月15日(金)18時16分

JR西日本は15日、2024年3月16日のダイヤ改正の詳細を発表した。

北陸新幹線
北陸新幹線

同日には、北陸新幹線が金沢~敦賀間で延伸開業する。同区間では、東京方面からの「かがやき」「はくたか」14往復と、敦賀駅で在来線特急「サンダーバード」「しらさぎ」に接続する「つるぎ」25往復、在来線特急と接続のない「つるぎ」5本を運転する。新幹線の延伸にあわせ、「サンダーバード」は大阪~敦賀間、「しらさぎ」は米原~敦賀間の運転に変更。「おはようエクスプレス」「おやすみエクスプレス」「ダイナスター」は廃止する。また、北陸新幹線と接続できない時間の「しらさぎ」上下各1本も運転を取りやめる一方、同列車に代わる臨時快速を敦賀~米原間で上下各1本設定する。

特急「サンダーバード」
特急「サンダーバード」

山陽新幹線では、東海道新幹線直通の最終列車の時刻を繰り下げる。上り最終となる「のぞみ」64号は、博多駅を初めて19時台に発車する設定とする。

在来線特急では、「やくも」「スーパーはくと」の毎日運転となる列車を拡大するほか、接続改善による首都圏と山陰エリアの所要時間短縮を図る。「スーパーはくと」は、8往復中5往復で運転区間を短縮し、京都駅発着から大阪駅発着に変更する。和歌山エリアでは、特急「南紀」を新宮~紀伊勝浦間でワンマン運転に変更する。

特急「スーパーはくと」
特急「スーパーはくと」

このほか、同社はダイヤ改正にあわせ、「サンダーバード」「しらさぎ」「スーパーはくと」「スーパーいなば」「やくも」を全車指定席に変更する。

通勤輸送関連では、大和路線などで通勤特急「らくラクやまと」を平日朝夕に運転。快速系列車の有料座席サービス「快速 うれシート」も対象列車を拡大し、奈良エリア~大阪エリアの着席ニーズに応える。JR神戸線の通勤特急「らくラクはりま」は、網干~姫路間、新大阪~京都間で運転区間を拡大。JR京都線へも乗り入れる。JR京都線の通勤特急「びわこエクスプレス」は、列車名を「らくラクびわこ」に変更。あわせて一部列車の時刻を変更する。

特急「らくラクはりま」などに使用する289系
特急「らくラクはりま」などに使用する289系

普通列車では、嵯峨野線の京都~嵯峨嵐山間で、昼間時間帯に6往復を増発。6・8両編成で運転する列車本数も増やす。また、おおさか東線の直通快速の停車駅に、城北公園駅を追加する。

2023年12月15日(金)18時16分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

  • 西武多摩川線CBTC走行試験開始[2024年度初頭]
  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。