鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

西武、「サステナ車両」として小田急・東急の車両を導入へ 2024年度から2029年度にかけ順次投入

2023年9月26日(火)14時46分

西武鉄道は26日、「サステナ車両」として、東急電鉄9000系および小田急電鉄8000形を譲受すると発表した。

サステナ車両は、環境負荷の少ない他社からの譲受車両を指す、同社が定めた名称。支線区を走る旧型車両を置き換えるものとして、2022年に導入を発表。今回導入形式の発表に至った。

東急9000系は、1986年導入の車両。かつては東横線などで活躍していたが、現在は全編成が大井町線の運用に就いている。

東急9000系
東急9000系

小田急8000形は、1982年導入の車両。通勤車両の主力として、一般列車のさまざまな種別に使用されている。

小田急8000形
小田急8000形

西武が今回譲受する2形式は、いずれもVVVFインバータ制御を採用しており、省エネ化に貢献する。同社では、今回のサステナ車両の導入完了により、年間約5700トンのCO2削減と、直流モーターを使用する旧型車両との比較で役50パーセントの使用電力量削減を実現するとしている。

導入両数は、両形式あわせて約100両。9000系は多摩川線・多摩湖線・西武秩父線・狭山線、8000形は国分寺線に投入する。営業開始時期は、8000形が2024年度、9000系が2025年度。2029年度にかけて順次導入する。

西武鉄道では、池袋線や新宿線などへの新造車両の導入に加え、サステナ車両を支線系に導入することで、省エネルギー化を加速し、2030年度までに車両のVVVF化達成率100パーセントを目指すとしている。

2023年9月26日(火)14時46分更新

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道未来インデックス

  • 阪神梅田駅改良工事竣工[2024年春ごろ]
  • 名鉄名古屋駅などカードタッチ決済乗車・QRコード乗車券実証実験開始[2024年春]
  • ひたちなか海浜鉄道湊線延伸開業[2024年春]
  • 磐越東線小川郷駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]
  • 富士山麓電気鉄道三つ峠駅駅舎リニューアル工事完了[2024年5月]
  • 羽前山辺駅新駅舎供用開始[2024年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。