鉄道コム

鉄道コらム

時を超えて復活した令和の「赤電」? 西武9000系9103編成

2022年8月6日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

黄色、青、緑~青のグラデーションと、カラーバリエーション豊かな西武線。そんな中、燃え盛るように真っ赤な車両が1本だけ走っています。

赤一色スタイルの9103編成
赤一色スタイルの9103編成

その車両は、多摩湖線を中心に走る、9000系9103編成。ヘッドライト下の飾り帯と側面扉以外の部分が、赤一色に塗装されています。

9103編成は2014年から、特別塗装車「RED LUCKY TRAIN」として運転されていました。これは京浜急行電鉄とのコラボ企画で、車体を赤、窓まわりを白の、いわゆる「京急カラー」に変更したものです。この姿で池袋線を約6年間走った後、2020年冬に運用を終えました。その後、同編成はワンマン対応化、編成短縮のうえ多摩湖線に転属となり、同時に「RED LUCKY TRAIN」の任務を離れます。このとき、塗装されていた飾り帯と扉がステンレス地肌に戻され、窓まわりの白塗装も消えたものの、車体の色は赤のまま残りました。現在、赤一色の西武車両は9103編成だけで、今日も強烈な存在感を放っています。

ところで、赤い電車といえば、101系にもベージュと赤のツートンカラーの編成がいます。こちらは「赤電」と呼ばれる、1960年代以降の標準色を2017年に復刻したもの。9103編成の赤色はこの復刻と無関係ですが、かつての標準だった赤い電車が、違う形で戻ってきたともいえます。9103編成は、時代を超えてある意味復活した、「令和の赤電」なのかもしれません。

旧塗装「赤電」リバイバル編成の101系
旧塗装「赤電」リバイバル編成の101系

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。