鉄道コム

ALFA-X、日中時間帯に走行試験を実施へ

2022年5月17日(火)14時39分

JR東日本は17日、新幹線試験車両「ALFA-X」の走行試験を、日中時間帯に実施すると発表した。

新幹線試験車両「ALFA-X」
新幹線試験車両「ALFA-X」

E956形「ALFA-X」は、次世代新幹線の開発を進めるための試験プラットフォーム車両。車両の愛称は「最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)」を意味している。2019年5月に落成した後、時速360キロでの営業運転実現を目指した高速走行試験などを実施してきた。

「ALFA-X」は2022年度以降、地震対策や車内の利用者向けサービス、将来の自動運転実現に向けた取り組みなど、開発品の耐久性確認や研究開発を目的とした試験を実施する。

試験は、主に営業列車が走行する時間帯に実施。仙台~新青森間での走行を基本とするが、試験内容によってはその他の区間を走行する場合もあるという。なお、営業時間帯における走行は、沿線騒音が現状より悪化しないよう配慮した速度とし、当面の間は営業列車と同じ最高速度で走行するとしている。

2022年5月17日(火)14時39分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全6件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: