JR東、新幹線試験車両「ALFA-X」を新造

2017年7月5日(水)18時54分

ALFA-X(イメージ)
ALFA-X(イメージ)

JR東日本は4日、次期新幹線の実現に向けた試験車両「ALFA-X」(アルファエックス) を新造すると発表した。

新造する試験車両は、「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとしてのもの。形式はE956形とし、「最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)」を意味する「ALFA-X」の愛称を付ける。

「ALFA-X」では、「さらなる安全性・安定性の追求」、「快適性の向上」、「環境性能の向上」、「メンテナンスの革新」の4点を開発コンセプトとする。さらなる安全性・安定性の追求として、地震発生時の制動時間短縮や脱線防止、着雪しにくい車体構造の試験などを行う。快適性の向上では、動揺防止制御装置等の搭載や吸音性・遮音性の向上、客室内サービスの向上や時速360キロ運転の営業運転実現を目指す。環境性能の向上では、低騒音化や先頭形状の見直しによるトンネル微気圧波の抑制、省エネ運転の実現に取り組む。メンテナンスの革新では、モニタリング機能を強化し、車両からデータサーバを経由して運輸司令やメンテナンス基地などに情報を送信し、さらなる安全・安定輸送や状態基準保全の実現を目指す。また、これら4点をIoTやビッグデータ、AI等を活用して実現するため、車両内の情報・制御ネットワークを強化する。

「ALFA-X」は、2019年春に落成する予定。同社では、4点の開発コンセプトにより、安全・高速な移動手段の提供に加えて、新たな価値の提供を目指すとしている。

2017年7月5日(水)20時42分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全19件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全24件

ALFA-Xで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1件

鉄道コム期間限定おすすめ

画像

想い出深い終着駅に一票を

門司港駅、西唐津駅、枕崎駅、宇和島駅、あき亀山駅、東羽衣駅、城端駅、美濃赤坂駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ありがとう151形

5月25日、上信電鉄の151形(クモハ151・152)が営業運転を終了。53年に及ぶ歴史に幕。

鉄道未来インデックス

  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]
  • 西広島~白市間D-TAS導入[2019年春]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: