新幹線試験車両「ALFA-X」のデザインを発表、JR東

2018年10月3日(水)14時42分

ALFA-X(イメージ)
ALFA-X(イメージ)

JR東日本は3日、新幹線試験車両「ALFA-X」のデザインと開発状況を発表した。

ALFA-Xは、次世代新幹線の開発を進めるための試験プラットフォームとして、JR東日本が設計・製作する車両。車両の愛称は「最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)」を意味する。形式はE956形とし、2019年5月の落成を予定する。

車両は、トンネル突入時に発生する圧力波の抑制を目指すため、2種類の先頭車両形状を製作する。東京寄り先頭車の1号車は、E5系とほぼ同じ先頭長とし、圧力波の抑制と室内空間確保を両立する。先頭部の形状は、「削ぎ」や「畝り」、「拡がり」といった、風の流れによって作られる要素を取り込む。新青森寄り先頭車の10号車は、先頭長を従来より延長し、トンネル突入時の圧力波を抑え環境性能を追求する。先頭部の形状は、台⾞部を覆うせり出した造形、運転士を包み込む造形、後方に向けて滑らかにつなぐ造形の、3つの造形で構成する。

カラーリングは、周囲の色を取り込む明るいメタリックボディに、自然、都市間における人々の活発な行き交いを現したグリーンの帯を合わせる。また、ALFA-Xによって人々や情報がより親密に行き交う様を、クロス状の側帯で表す。

ALFA-Xのロゴマークは、文字をクロス状の側帯角度に合わせて整え、ALFA-Xの特徴であるIoTやAIなどのデジタルなイメージを表す。また、一部にグラデーションを用いることで、新幹線らしいスピード感と、先進的な技術を採用した新幹線が明るい未来に繋がることを表現する。

同社はあわせて、ALFA-Xが実施する試験内容の詳細についても発表した。安全性・安定性の追求として、地震発生時の制動距離低減のために「空力抵抗板ユニット」や「リニア式減速度増加装置」を搭載するほか、地震対策ダンパや台車モニタリングシステム、着雪しにくい車体構造を試験する。快適性の向上としては、動揺防止制御装置を搭載。環境性能の向上としては、2種類の低騒音パンタグラフを搭載する。メンテナンスの革新においては、地上設備や搭載機器のモニタリング装置を搭載。状態基準保全(CBM)の実現を目指すとしている。さらに、将来の自動運転を目指す上で必要となる機能の基礎研究も実施する。

2018年10月3日(水)14時42分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全65件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全79件

ALFA-Xで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全6件

鉄道コムお知らせ

画像

近鉄「楽」入換体験ツアー

大和西大寺や名張などの車庫で入換体験できる限定ツアー。団体貸切用車両「楽」に乗車

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い秘境駅に一票を

抜海駅、筬島駅、一の渡駅、赤岩駅、男鹿高原駅、久我原駅、土合駅、筒石駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「楽」で車庫めぐり

4月30日、5月1日、近鉄の団体貸切列車「楽」でのツアーが催行。車庫での入換体験など。

画像

あのアイスの硬さの秘密とは

人気をほこる車内販売のあの硬いアイス。硬さの秘密とは? 現在の販売箇所もあわせてご紹介。

画像

叡電で三鉄カラー

3月31日より、叡山電鉄の700系1両が三陸鉄道カラー車両となり運転。

画像

WEST EXPRESS 銀河

JR西の新たな長距離列車は「WEST EXPRESS 銀河」に決定。エクステリアなども発表。

画像

201系ラッピング

4月8日より、中央線で201系をモチーフとしたラッピングトレインが運転。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 伊豆急100系引退[2019年7月]
  • 京急空港線加算運賃引き下げ[2019年10月]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]
  • 宇都宮ライトレール開業[2019年12月]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: