鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

東京メトロ半蔵門線に新型車両「18000系」、2021年度上半期に営業運転開始

2020年9月30日(水)15時32分

東京メトロ18000系(イメージ)
東京メトロ18000系(イメージ)

東京メトロは9月30日、半蔵門線に導入する新型車両「18000系」の詳細を発表した。

18000系は、半蔵門線を走る8000系の置き換えを目的に導入される車両。2019年3月に発表された東京メトログループ中期経営計画「東京メトロプラン2021」において導入が明言されていたが、今回詳細が発表された。

車両の外観は、従来の8000系や08系のデザインを受け継ぎ、直線的なヘッドライトを採用することで、「親しみやスタイリッシュさ」を演出。車端上部には、フリースペースの位置を示すサインを掲示する。

車内では、半蔵門線のラインカラーに同調させた色彩を採用。連結面や座席の袖仕切り、荷棚には透明な強化ガラスを採用し、開放感を高める。また、フリースペースは全車両に設置するほか、ドア出入口下部をホーム側に傾斜させ、バリアフリーに配慮する。このほか、8000系との比較では、座席幅の430ミリから460ミリへの拡大、車両床面高さの1200ミリから1140ミリへの低減など、車内快適性の向上も図る。

機器面では、丸ノ内線用2000系や有楽町線・副都心線用17000系と同様、車両情報監視・分析システム「TIMAシステム」を導入。総合指令所やメンテナンス部署から、機器の状態を遠隔でモニタリングできるようにする。主電動機には永久磁石同期電動機(PMSM)を、制御装置にはシリコンカーバイド(SiC)素子を採用し、8000系よりも消費電力を削減する。また、万が一脱線した際に自動で列車を停止させる、脱線検知装置も搭載する。

18000系は、2021年度上半期より順次営業運転を開始する予定。現在運用中の8000系と同数となる、10両編成19本の190両を導入する。

2020年9月30日(水)15時32分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。子ども向けのイベントが中心で、今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。