鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

新横浜線と、相鉄線とつながる目黒線 かつては武蔵小杉に行かない路線だった

2023年3月19日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

3月18日の「相鉄・東急直通線」開業で、新横浜駅と、そして相鉄線とつながる東急目黒線。この路線が現在の目黒駅と武蔵小杉駅方面を結ぶ形になったのは2000年8月のこと。それまでは、目黒~多摩川~蒲田間を結ぶ「目蒲線」でした。

かつては「目蒲線」だった目黒線
かつては「目蒲線」だった目黒線

目黒線となる前の目蒲線は、20メートル級車両が主流の東横線や田園都市線と異なり、18メートル級3両または4両編成という、東急では小さめの車両が行き交う路線でした。車両も新車投入が後回しにされた路線で、1989年までは戦前製の3450形も運用に就いていました。

その目蒲線が大改造されたのは、東横線の混雑緩和のため。田園調布~日吉間を複々線化し、目蒲線と直通させ、さらに都心部で地下鉄に乗り入れることで、輸送状況の改善を狙ったのです。この工事の結果、目蒲線は2000年に目黒~多摩川間、多摩川~蒲田間に分割され、前者は多摩川~武蔵小杉(2008年以降は日吉)間とあわせた目黒線、後者は東急多摩川線となり、現在に至ります。

そんな、かつては地味だった目蒲線ですが、実は東急の発祥の地である、歴史的には重要な路線でもありました。

自然と都市生活が調和した「田園都市」の建設を目指した渋沢栄一は、1918年に「田園都市」という会社を設立。この子会社として設立された目黒蒲田電鉄が1923年に開業させたのが、目黒~蒲田間の路線でした。目黒蒲田電鉄は、後に東京横浜電鉄や池上電気鉄道と合併し、現在の東急の母体となっています。

目黒~蒲田間が開業してから、2023年でちょうど100年。開業から1世紀の節目を迎えた路線は、新たな直通先を得て、未来に進んでいきます。

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。