鉄道コム

鉄道コらム

東海道新幹線に地味ながら世界初のスゴい技術が 今週の鉄道コム注目ニュース

2022年6月19日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(6月13日~19日)のニュースから、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

15日、JR西日本は「うめきた(大阪)地下駅」に導入する設備「デジタル可変案内サイン」「フルスクリーンホームドア」について発表しました。「デジタル可変案内サイン」は、デジタルサイネージを用いた案内表示。列車の運行状況に応じた運行情報の変化といった機能のほか、利用者のスマートフォンと連携し、個々の利用者専用の案内を表示することも可能だといいます。

「自分専用」の案内表示が可能なデジタル可変案内サイン
「自分専用」の案内表示が可能なデジタル可変案内サイン

「うめきた(大阪)地下駅」は、大阪駅の北側、かつて貨物駅があったエリアに設けられる大阪駅の新設地下ホームで、「うめきた新駅」の名称でもよばれてきました。開業は2023年春の予定で、すでに1年を切った状態となっています。

もう一つご紹介したいのは、JR東海が16日に発表した、「新幹線車両によって架線電圧を維持する機能」のニュースです。

新技術を導入する東海道新幹線のN700S
新技術を導入する東海道新幹線のN700S

架線から電気を得て走る電車は、多くの電車が同時に走行すると、架線の電圧が低下し、加速性能が落ちるなどの悪影響が出てしまいます。そこでJR東海が開発したのが、主変換装置(直流電車のVVVFインバータ制御装置に相当)が電流を制御することで、架線の電圧低下を抑える機能。このような、車両が架線電圧を維持する仕組みは、世界初の技術だといいます。

東海道新幹線ではこれまで、地上変電所の増強や、地上電力設備「電力補償装置」21台の設置といった電圧降下対策を取ってきました。今回の機能が東海道新幹線全編成に導入されれば、1割の変電所と約半数の電力補償装置が削減できる見込みで、さらに年間約2000万kWhの電力使用量低減、約3億円の電気料金と約1万トン相当のCO2排出量の削減にも繋がるといいます。

東海道新幹線という大動脈を運行する一方、車両の統一など、鉄道ファンからは「地味」だと言われることもあるJR東海。ですが、今回のような技術開発によって「のぞみ12本ダイヤ」のような高頻度・高速運転が成り立っていることは、もっと知られるべきだと筆者は個人的に考えます。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。