鉄道コム

JR西がうめきた新駅の導入設備を発表、自分専用の案内表示も

2022年6月15日(水)16時4分

JR西日本は15日、大阪駅の新地下ホーム「うめきた(大阪)地下駅」に導入する設備「デジタル可変案内サイン」「フルスクリーンホームドア」について発表した。

デジタル可変案内サインは、利用者の動きやニーズにあわせ、駅サイン(案内板)の表示を変更することで、スムーズな移動を実現するもの。同駅では、一対一の「One to One」、多数の利用者に向けた「Mass」の2パターンの内容を表示する。

One to Oneでは、利用者がデジタル案内版に接近すると、事前にスマホなどで登録した目的地の進行方向を、利用者ごとに異なるマークで表示する。Massでは、利用者の移動シーンや場所に応じた案内を、タイムリーかつ可変的に表示。ホーム階では、運行情報などのシステムと連携させることで、さまざまな種類の列車にあわせた案内をホームドアのサイネージに表示する。

デジタル可変案内サイン(One to One)
デジタル可変案内サイン(One to One)
デジタル可変案内サイン(Mass)
デジタル可変案内サイン(Mass)

フルスクリーンホームドアは、さまざまな車種に対応した、世界初のタイプだという。外観は、配線や駆動部などの設備を上部に配置し、扉部をスリム化することでホーム空間を創出。扉上や扉付近にサイネージを設置し、乗車位置や次列車などを案内する。

フルスクリーンホームドア
フルスクリーンホームドア

同駅では、開業時には特急「はるか」「くろしお」が乗り入れる予定で、2031年春開業予定の「なにわ筋線」の乗り入れも計画されており、入線車種が多様となることが想定されている。これらの多数の車両はドア位置が異なり、現在導入中の既存のホームドアや開発中の製品でも対応が困難となることから、同社は、車種に応じて自在に開口を構成出来るホームドアを開発した。

現在線を走る特急「はるか」
現在線を走る特急「はるか」

うめきた(大阪)地下駅の開業は、2023年春を予定している。

2022年6月15日(水)16時4分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全16件

  • 約10年前に出版されたとみられる駅舎の新旧比較写真集が、最近に廉価で購入できました。中でも、昭和12年に竣工した国鉄名古屋駅ビルや、善光寺仏閣スタイルの国鉄長野駅の姿が懐かしいですね。…………また、昭和50...

  • 6泊7日(車中泊込み)に及ぶ西日本さよなら乗車旅の2日目です。 なお、1日目をご覧になっていない方はそちらから先にご覧になることをおすすめします。 本日の行程 2日目となる今日は、昨晩宿泊した富山からスター...

    つばめ501号さんのブログ

  • うめきた新駅工事進捗

    • 2022年3月28日(月)

    「はるか」「くろしお」などが現在は別線で大阪駅を遠巻きに通過してますが、これを大阪駅に寄せて地下ホームを建設中です。最新情報としてこの記事が出てました。東京駅の京葉線地下ホームは比べるまでも無いで...

うめきた新駅 設備で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全3件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: