鉄道コム

鉄道コらム

東武の2つの新型車両が話題に 今週一週間の鉄道ニュース

2022年5月1日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

鉄道車両に関する新情報が話題となった今週一週間(4月25日~5月1日)のニュースから、鉄道コム注目の話題をご紹介します。

東武鉄道は25日、新型特急車両「N100系」のインテリアおよびシートバリエーションを発表しました。

新型車両のN100系(イメージ)
新型車両のN100系(イメージ)

N100系では、現行の100系「スペーシア」同様に個室も設定されているのですが、何よりも注目を集めたのが、乗務員室直後の「コックピットスイート」。前面展望が可能な定員7人の個室とあって、広く話題となっています。その他の座席もハイグレードな仕様となっており、近畿日本鉄道の「しまかぜ」のように、デビュー後は一般利用者からの人気も高まりそうです。

同じく東武が28日に発表したのが、野田線(東武アーバンパークライン)への新型車両導入。デザインや形式の詳細は未発表ですが、編成長は現在の6両から5両編成へと削減するということ。さらには、既存の車両についても5両編成へと削減し、使用電力量削減を図るといいます。

2022年現在は、野田線では60000系、10030型・10050型、8000系の3系列が運行中。このうち、現在最新の60000系については今後も継続使用が見込まれるため、鉄道ファンの間では、どのように編成を組みかえて5両編成とするか、といったマニアックな議論が既に見られます。

一方で、残念な発表も。JR東日本が27日に発表した2022年度設備投資計画において、同社は2023年度末に導入予定だった中央快速線などへのグリーン車について、導入時期を1年程度延期するとしました。世界的な半導体不足による車両製造の遅延が原因ということですが、グリーン車導入計画は2020年度から2023年度末へと延期された経緯があり、今回が2度目の延期発表となります。

導入延期が発表された中央快速線のグリーン車(イメージ)
導入延期が発表された中央快速線のグリーン車(イメージ)

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。