鉄道コム

鉄道コらム

地球とともに未来を生きる 鉄道会社のさまざまなリサイクル精神

2022年12月5日(月) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

地球環境の問題もあり、リサイクルが当たり前の時代になりました。鉄道業界も例外ではなく、いろいろな取り組みがみられます。

たとえば乗車券。使用済みの券から磁気を剥がしての再利用が行われています。その代表格は駅のトイレットペーパーですが、ほかにも名刺、駅のベンチや消臭剤、住宅の外壁材などに再生されています。消臭剤は、山陽電気鉄道や神戸電鉄などが「リサイクル切符炭」という名前で販売したこともありました。また、リサイクルに限らず、ICカードやデジタル乗車券の導入によるペーパーレス化、チケットレス化など、資源のリデュースも進んでいます。

いろいろな乗車券類
いろいろな乗車券類

制服関連では、「別のものからのリサイクル」、「別のものへのリサイクル」などのケースがあります。前者は、再生ポリエステル素材などを採用した阪急電鉄、後者は、使い古しの制服を自動車用内装材に再利用する泉北高速鉄道などが当てはまります。

リサイクル素材の制服を着用する阪急電鉄の乗務員(写真右端)
リサイクル素材の制服を着用する阪急電鉄の乗務員(写真右端)

またリサイクルは、設備面でも盛んです。現役を引退したアルミ製の車両を解体し、アルミニウム地金として再生させるほか、古くなった木製マクラギをチップ化し、バイオマス燃料に使うなど、様々な活路が見出されています。

地球とともにどう生きるか、みんなが考える世の中です。そのなかで、資源を有効に使い、再利用する動きは、今後さらに活発化することでしょう。日本経済の一端を担う者として、鉄道各社は地球にやさしい存在へと、今日も一歩ずつ進んでいるのです。

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。