鉄道コム

鉄道コらム

鉄道車両軽量化の立役者 アルミ車両本格登場60年!

2022年1月23日(日) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

ステンレスと並んで、現代の鉄道車両で多く使われているアルミニウム合金。日本の鉄道線で本格的に導入されたのは、オールステンレス車と同じ1962年のこと。2022年で60周年を迎えます。

日本初の本格的なアルミ車両は、山陽電気鉄道2000系の2012編成。メーカーの川崎車輌(現:川崎車両)と西ドイツのWMD社の技術提携で開発されたものです。最初は、車体のひずみを隠すためのウロコ模様の貼り付け、車体の腐食防止のためのクリア塗装などの対策が、試験的に施されていました。しかし後年、これらは不要と判断され、中止となっています。

日本で初めてアルミ合金製の車体を採用した、山陽電気鉄道2012編成
日本で初めてアルミ合金製の車体を採用した、山陽電気鉄道2012編成

アルミ車のメリットは、腐食に強いこと、ステンレス以上に車体を軽くできること、リサイクルしやすいことなどが挙げられます。製造コストが高いというデメリットはあるものの、それを上回るメリットがあると判断した事業者では、積極的にアルミ車両が導入されました。なお、車体の塗装は、あり・なしのどちらでも問題なく、この部分については会社によって対応が異なります。2000年代に入ると、日立製作所がアルミ車両製造コンセプト「A-train」を展開するなど、メーカー統一規格によるアルミ車両も増えました。

日立製作所の「A-train」を採用した相模鉄道20000系。車体は塗装されています
日立製作所の「A-train」を採用した相模鉄道20000系。車体は塗装されています

ステンレスとともに、鉄道車両に用いる素材の主力となったアルミ合金。本格導入から60年の節目を迎えたアルミ車両は、今後もさらに進化を続けていくことでしょう。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新型事業用車お披露目

JR東日本の新型事業用車「GV-E197系」「E493系」が報道公開されました。

画像

HC85系の乗り心地は?

7月にデビューするJR東海の「HC85系」に試乗。その車内や乗り心地は?

画像

福井鉄道に新型車両

福井鉄道が、新型車両「FUKURAM Liner」を導入。営業開始は2023年春。

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。