鉄道コム

鉄道コらム

「スペーシア」や6050型の運用削減へ、東武鉄道の2022年春ダイヤ改正

2021年12月11日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道は、2022年3月12日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。社会環境の変化を受けた見直しが目立つ内容ですが、車両の動きについても鉄道ファンとして気になる内容が見られます。

日光線・鬼怒川線系統では、ワンマン運転の実施区間を、現在の南栗橋~東武宇都宮間に加え、南栗橋~東武日光・新藤原間に拡大。また、特急列車や「AIZUマウントエクスプレス」、鬼怒川温泉駅発着の一部普通列車を除き、下今市方面と野岩鉄道・会津鉄道の直通運転が取り止められます。

運用が減少しそうな6050型
運用が減少しそうな6050型

改正に先立つ12月7日には、日光線系統の6050型運用が一部置き換えられ、ワンマン運転対応の20400型の運用が拡大しています。ワンマン運転の拡大で、この区間の普通列車はほとんどが20400型の運用となることが想定され、6050型の乗車機会はますます減少するようです。

また、今回の発表においては、特急列車の運転時刻も発表されました。これによると、日光線系統の特急列車(併結列車はそれぞれ1本とカウント、JR線直通列車は除く)は、土休日ダイヤを例にとると、下り30本、上り29本のうち、100系「スペーシア」によるものは上下各12本。改正前は下り15本、上り14本が「スペーシア」で運転されていますが、ダイヤ改正で2.5往復の運用が減少します。

運用が減少する100系「スペーシア」
運用が減少する100系「スペーシア」

「りょうもう」においても、500系「リバティ」が占める割合が増加。また、土休日運転の「きりふり」については時刻が記載されていません。

これらに関する説明はありませんが、つい先日には新型特急車「N100系」が発表されるなど、新たなステップに移行しつつある東武特急は、変革の時期を迎えているのかもしれません。

関連鉄道コらム

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。