鉄道コム

鉄道コらム

「スペーシア」や6050型の運用削減へ、東武鉄道の2022年春ダイヤ改正

2021年12月11日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道は、2022年3月12日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。社会環境の変化を受けた見直しが目立つ内容ですが、車両の動きについても鉄道ファンとして気になる内容が見られます。

日光線・鬼怒川線系統では、ワンマン運転の実施区間を、現在の南栗橋~東武宇都宮間に加え、南栗橋~東武日光・新藤原間に拡大。また、特急列車や「AIZUマウントエクスプレス」、鬼怒川温泉駅発着の一部普通列車を除き、下今市方面と野岩鉄道・会津鉄道の直通運転が取り止められます。

運用が減少しそうな6050型
運用が減少しそうな6050型

改正に先立つ12月7日には、日光線系統の6050型運用が一部置き換えられ、ワンマン運転対応の20400型の運用が拡大しています。ワンマン運転の拡大で、この区間の普通列車はほとんどが20400型の運用となることが想定され、6050型の乗車機会はますます減少するようです。

また、今回の発表においては、特急列車の運転時刻も発表されました。これによると、日光線系統の特急列車(併結列車はそれぞれ1本とカウント、JR線直通列車は除く)は、土休日ダイヤを例にとると、下り30本、上り29本のうち、100系「スペーシア」によるものは上下各12本。改正前は下り15本、上り14本が「スペーシア」で運転されていますが、ダイヤ改正で2.5往復の運用が減少します。

運用が減少する100系「スペーシア」
運用が減少する100系「スペーシア」

「りょうもう」においても、500系「リバティ」が占める割合が増加。また、土休日運転の「きりふり」については時刻が記載されていません。

これらに関する説明はありませんが、つい先日には新型特急車「N100系」が発表されるなど、新たなステップに移行しつつある東武特急は、変革の時期を迎えているのかもしれません。

関連鉄道コらム

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。