鉄道コム

「りょうもう」用の東武200型、先代車両のデザインになって登場!

2021年8月5日(木) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道は8月4日、リバイバル塗装となった200型205編成を、報道陣に公開しました。

1800系リバイバル塗装となった200型
1800系リバイバル塗装となった200型

200型は、特急「りょうもう」に使用される車両。今回の205編成は、先代の「りょうもう」用車両である1800系デザインに塗装が変更されました。

この塗装変更は、2020年から2021年にかけてデビュー30周年を迎えた、100系「スペーシア」と200型の活躍を記念し、日光線・伊勢崎線で活躍した歴代車両を振り返るリバイバルカラー車両企画の一環。6月に登場した「スペーシア」の登場時リバイバルカラーに続く第2弾となります。

1800系は、1969年にデビューした急行用車両。ボンネット形のスタイルであった日光線用1720系「デラックスロマンスカー」に対し、こちらは箱型の車体でしたが、運転席窓にはパノラミックウィンドウを採用。カラーリングはローズレッド地にホワイトのラインを配するという、当時としては斬新なデザインでした。

1800系同様、ローズレッド地にホワイトラインの塗装となった200型
1800系同様、ローズレッド地にホワイトラインの塗装となった200型

今回塗装が変更された200型は、先頭部は1800系と異なり流線形ですが、塗装パターンは1800系のものを踏襲。側面につながる部分もスタイルに合うようアレンジしています。

箱型車体だった1800系の塗装パターンを200型用にアレンジ
箱型車体だった1800系の塗装パターンを200型用にアレンジ

また、従来塗装ではローズレッド塗装だったスカートも、1800系同様のグレー塗装に変更されています。

1800系同様にグレーとなったスカート
1800系同様にグレーとなったスカート

デザインの変更は、外観だけにとどまりません。車内の座席モケットも、1800系と同じ色のものに変更されています。当日は客室内のみの公開でしたが、乗務員室の座席モケットも、客室内と同じ色のものに変更しているといいます。

座席モケットも1800系風に変更
座席モケットも1800系風に変更

今回塗装が変更された205編成は、8月7日(土)の団体臨時列車で営業運転を開始する予定。今後は、さらに209編成もリバイバルカラーへ変更される予定となっています。

関連鉄道リポート

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: