鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

ビルと繋がる「虎ノ門ヒルズ駅」コンコースなどがついに開業 地下空間とは思えない広大な「駅前広場」も

2023年7月15日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東京メトロで最も新しい駅、日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅。このたび拡張工事が完成し、15日に新改札口や地下2階コンコースの供用が開始されました。

虎ノ門ヒルズ駅の地下2階コンコース
虎ノ門ヒルズ駅の地下2階コンコース

2020年6月6日に開業した虎ノ門ヒルズ駅は、名前の通り虎ノ門ヒルズと直結する駅。虎ノ門ヒルズを含む周辺再開発事業にあわせて設けられました。ただし、当初は2020年開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに間に合わせるため、一部のエリアのみを供用。駅としての設備は整っていたものの、改札口が両ホームで別々に設けられているなど、暫定開業といった状態でした。今回の新エリア開業で、駅自体はようやく当初計画の姿が実現したこととなります。

14日まで使用されていた中目黒方面改札口の工事中の様子。15日以降は使用が停止され、今後再活用する予定はないとのこと(2019年8月撮影)
14日まで使用されていた中目黒方面改札口の工事中の様子。15日以降は使用が停止され、今後再活用する予定はないとのこと(2019年8月撮影)

従来の改札口は、中目黒方面はホームと同じ地下1階、北千住方面は地上階に設けられていました。7月15日以降は改札口は一つとなり、各ホームからアクセスできる地下2階に。これまで中目黒方面のホームから同じ階層で移動できた銀座線虎ノ門駅への連絡通路は、いったん地下2階へと降りる手間こそ増えたものの、新たに北千住方面のホームからも地上を経由することなく利用できるようになりました。なお、改札口付近の改札機や券売機は、もともと同駅の旧改札口にあったものだということ。14日の営業終了後に、全ての機械を移設したといいます。

新たな改札口。奥にはパブリックアートのステンドグラスが見えます
新たな改札口。奥にはパブリックアートのステンドグラスが見えます
銀座線の虎ノ門駅へは400メートル強の距離
銀座線の虎ノ門駅へは400メートル強の距離
新改札口付近の工事中の様子。上に見えるのは日比谷線トンネルの下面です(2019年8月撮影)
新改札口付近の工事中の様子。上に見えるのは日比谷線トンネルの下面です(2019年8月撮影)
既存の日比谷線トンネル構造物を維持したまま掘り進めたため、工事中はトンネルを支える構造物が挿入されていました(2019年8月撮影)
既存の日比谷線トンネル構造物を維持したまま掘り進めたため、工事中はトンネルを支える構造物が挿入されていました(2019年8月撮影)

地下2階の工事とあわせ、ホームの拡幅工事も実施。15日以降、北千住方面のホームは幅約6.0メートルから最大約14.3メートルに、中目黒方面のホームは約4.9メートルから最大約7.2メートルに、それぞれ拡大されました。

従来の2倍以上となった北千住方面のホーム
従来の2倍以上となった北千住方面のホーム
エスカレーター付近の幅が大幅に広がりました。最大幅は約14.3メートルです
エスカレーター付近の幅が大幅に広がりました。最大幅は約14.3メートルです

駅とともに工事が進められた再開発ビル、駅西側の「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」と、駅東側の「グラスロック」では、駅に接続する地下空間に「駅前広場」(ステーションアトリウム)が設けられました。地上からの吹き抜けが広がり、地上から自然光が差し込む構造で、さらにガラス越しに日比谷線のホームや電車が眺められます。地上と地下、そして駅ホームがつながる構造とすることで、地下とは思えない開放的な空間を演出しています。なお、駅に通じるエスカレーターの動線部分は7月15日にオープンしていますが、ステーションタワー自体の開業は2023年秋の予定です。

虎ノ門ヒルズ駅とステーションタワーの接続点、ステーションアトリウム
虎ノ門ヒルズ駅とステーションタワーの接続点、ステーションアトリウム
ガラス越しにホームを見ることができます
ガラス越しにホームを見ることができます
ホームから見たステーションアトリウム。ホーム自体の開放感の演出や光の取り入れにも寄与しています
ホームから見たステーションアトリウム。ホーム自体の開放感の演出や光の取り入れにも寄与しています

虎ノ門ヒルズ駅では、連絡通路を介して銀座線と連絡しているほか、虎ノ門ヒルズ内のバスターミナルを発着する東京BRTと乗り継ぐことも可能です。現在の同駅の乗降人数は1日あたり約3万4000人とのことですが、将来的には8万人を見込んでいるとのこと。交通機関が接続する結節点の近くに新たなビルが開業することで、虎ノ門エリアがますます活性化していくこととなります。

ステーションタワーと接続する虎ノ門ヒルズ駅
ステーションタワーと接続する虎ノ門ヒルズ駅

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。