開業まであと1年 日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の工事現場を見る

2019年8月28日(水) 鉄道コムスタッフ

東京メトロと都市再生機構(UR)は28日、日比谷線の新駅として建設中の「虎ノ門ヒルズ駅」の工事現場を報道陣に公開しました。

虎ノ門ヒルズ駅は、日比谷線の霞ケ関~神谷町間に建設中の新駅。東京メトロとしては、2008年の副都心線開業時に設置された4駅以来の新駅で、日比谷線では開業以来初の新駅となります。駅は霞ケ関駅から南に800メートル、神谷町駅から北に500メートルの地点に設置され、複合施設「虎ノ門ヒルズ」やBRT路線「東京BRT」が発着する予定のバスターミナルなどと接続する予定です。

虎ノ門ヒルズ駅の建設は、虎ノ門一帯の再開発計画に組み込まれています。そのため、駅建設の事業主体はURとなり、東京メトロはURから設計・工事を委託されている形となっています。

駅の工事は、現在線のトンネルより下、地表から約15メートルまでを掘り下げた上で、駅施設を構築。進捗にあわせ、従来のトンネル側壁を取り壊し、新たに構築した施設と接続する流れです。現在、掘り下げ状況は残り2メートルほどを残すところとなっています。

掘り下げにあわせて、駅ホーム階の工事も進行中。既にホーム床面が姿を現している部分もあり、一部は一瞬ながらも日比谷線の車内から確認できる状況です。東京メトロ 改良建設部第四建築工事所 技術課長の藤野覚さんは、「9月になれば、列車内からでもホームをはっきりと確認できるのではないか」と話していました。

虎ノ門ヒルズ駅の開業は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会開催前を予定。この時点では暫定開業となり、地下1階のホーム階にて、エレベーターつき出入口(各ホーム1箇所)や改札(各ホーム1箇所・連絡通路1箇所)、多機能トイレなどが供用されます。開業後も引き続き工事は進められ、周辺再開発の進捗にあわせ、地下2階に改札口を設置。再開発ビルと接続し、2022年度の最終完成を迎える予定です。

虎ノ門ヒルズ駅のB線(北千住方面)ホーム。コンクリート打ちっ放しの状態ですが、既にホームの形が見えています
虎ノ門ヒルズ駅のB線(北千住方面)ホーム。コンクリート打ちっ放しの状態ですが、既にホームの形が見えています

鉄道コムおすすめツアー

画像

「華」で館山日帰りの旅

千葉応援企画として、12月15日にお座敷車両「華」に乗車するツアーが開催。

鉄道コムおすすめ情報

画像

小田急5000形を詳しく見る

小田急電鉄の新型通勤型車両「5000形」。開放感のある車内などを画像つきでご紹介します。

画像

京急たぴおおおか駅

京急のコラボ駅名、今回は「すみっコぐらし」とコラボで、上大岡駅が「たぴおおおか駅」に。

画像

北野白梅町駅がリニューアル

嵐電の北野白梅町駅がリニューアルへ。2020年3月、駅とバス停の一体化やホーム延伸工事が竣工。

画像

東京メトロ17000系の詳細公表

東京メトロ有楽町線・副都心線に来年度導入予定の17000系。その仕様や設備など、詳細が発表。

画像

北陸新幹線が約3割引

「えきねっと」「e5489」で、北陸新幹線に約30%割引で乗車可能な特別企画券が発売。発売日は11月17日。

画像

11月の鉄道イベント一覧

11月も数多くのイベントが開催されます。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。