都市部から地方私鉄に再就職 さまざまな譲渡車両たち

2020年4月28日(火) 鉄道コムスタッフ

新型車両の導入によって置き換えられる車両たち。置き換える理由は、車体や機器の老朽化、設備の陳腐化、車両規格の統一などさまざまですが、整備すればまだまだ使用できる車両も数多くあります。

そのような車両の中には、地方の私鉄に譲渡され、中古車両として第二の車両人生を始めるものがあります。

中古車両のメリットとデメリット

中古の鉄道車両を導入する理由として大きなものは、車両価格です。

鉄道車両を新車で導入する場合、価格は1両あたり1億円前後となります。一方、中古車両を導入する場合、価格は新車の半分近くまで下がります。

三重県と岐阜県を走る養老鉄道養老線の設備・車両を管理する養老線管理機構が、2018年に東急からの中古車両15両を導入すると発表した際、事業費は6億1000万円と発表されました。これは車両の輸送や改造も含む金額ですが、1両あたりでは約4000万円。新車の半分以下の価格です。

養老線管理機構に譲渡された東急7700系(画像は東急線時代のもの)
養老線管理機構に譲渡された東急7700系(画像は東急線時代のもの)

大規模投資が必要となる新型車両の投入は、経営状況が厳しい地方の鉄道事業者では困難。老朽化が進む車両の置き換えとしては、新車よりも予算を減らすことができる中古車両は、地方鉄道の救世主とも言える存在です。

長野電鉄の車両たち。同社の現役車両は、すべて譲渡車両となっています
長野電鉄の車両たち。同社の現役車両は、すべて譲渡車両となっています

一方、中古の車両が購入できるかどうかは、そのタイミングに左右されます。クルマのように、常に中古車の在庫を持つ取り扱い業者があるわけではないので、前使用者が車両を手放すタイミングでなければ購入できません。

かつて、静岡県の伊豆急行では、親会社の東京急行電鉄(当時)が保有する8000系を中古車両として導入し、従来車両を置き換えることを想定していました。しかしながら、当時は8000系を廃車するタイミングではなかったため、購入できる時期までのつなぎとして、JR東日本から113系・115系を導入。2000年から2008年まで200系として使用しました。

伊豆急行の8000系。かつて導入を希望した際には東急での廃車予定が無かったため、間を埋める形式が一時期投入されていました
伊豆急行の8000系。かつて導入を希望した際には東急での廃車予定が無かったため、間を埋める形式が一時期投入されていました
次のページ
18メートル?20メートル? 人気の秘訣は「長さ」

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

広島電鉄、鹿児島市電、とさでん交通、嵐電、富山地方鉄道、東急世田谷線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

虎ノ門ヒルズ駅

6月6日、日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業。同日、「THライナー」の運転も開始。

画像

伊豆急が「インフラドクター」導入

検測用自動車を用いる「鉄道版インフラドクター」が、6月中旬より伊豆急行線で運用開始。

画像

車両数日本一のE233系

209系やE231系に続く、JR東日本第3世代として登場したE233系。その設計思想や来歴をご紹介。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

新宿駅自由通路

7月19日、新宿駅の東西自由通路が供用開始。あわせて一部改札口の名称を変更。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。