鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

養老線に東急7700系を導入、養老鉄道

2018年8月22日(水)11時1分

導入する7700系(イメージ)
導入する7700系(イメージ)

養老鉄道活性化協議会と養老線管理機構は21日、養老鉄道養老線の車両を更新すると発表した。

新たに導入する車両は、東京急行電鉄の7700系。東急グループの東急テクノシステムから購入し、2018年度に3両編成2本、2019年度に3両編成1本、2両編成3本の、計6編成15両を導入する。7700系は、7000系としての製造からは50年程度が経過しているが、1987年~1991年にかけて車体以外の部品などを更新しているため、今後30年程度の使用を見込む。この15両の導入により、既存車両31両の約半数を置き換える。

7700系の導入に際しては、各種設備の改造を実施する。機器類を養老線仕様に変更するほか、先頭車両に運賃箱とデジタル表示の運賃表示板、各編成1両に車椅子スペースを設置する。また、一部の3両編成には、中間車にクロスシートを8席設置する。外観デザインは、養老鉄道オリジナルとなる「緑帯」、「緑歌舞伎」のほか、現在東急線で見られる「赤帯」、「赤歌舞伎」のあわせて4種類とする。

今回導入する7700系は、9月~12月に全15両を陸送。2018年度導入分の6両を近畿日本鉄道塩浜検修車庫にて改造し、2019年2月~3月に営業運転を開始する。養老鉄道活性化協議会と養老線管理機構は、営業運転開始にあわせた記念事業や、廃車車両のお別れイベントなどを検討中だとしている。

2018年8月22日(水)11時1分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

性能が良すぎて失敗?

JR貨物発足初期の機関車には、性能が良すぎて失敗した形式が。そんな3兄弟をご紹介します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。