養老線に東急7700系を導入、養老鉄道

2018年8月22日(水)11時1分

導入する7700系(イメージ)
導入する7700系(イメージ)

養老鉄道活性化協議会と養老線管理機構は21日、養老鉄道養老線の車両を更新すると発表した。

新たに導入する車両は、東京急行電鉄の7700系。東急グループの東急テクノシステムから購入し、2018年度に3両編成2本、2019年度に3両編成1本、2両編成3本の、計6編成15両を導入する。7700系は、7000系としての製造からは50年程度が経過しているが、1987年~1991年にかけて車体以外の部品などを更新しているため、今後30年程度の使用を見込む。この15両の導入により、既存車両31両の約半数を置き換える。

7700系の導入に際しては、各種設備の改造を実施する。機器類を養老線仕様に変更するほか、先頭車両に運賃箱とデジタル表示の運賃表示板、各編成1両に車椅子スペースを設置する。また、一部の3両編成には、中間車にクロスシートを8席設置する。外観デザインは、養老鉄道オリジナルとなる「緑帯」、「緑歌舞伎」のほか、現在東急線で見られる「赤帯」、「赤歌舞伎」のあわせて4種類とする。

今回導入する7700系は、9月~12月に全15両を陸送。2018年度導入分の6両を近畿日本鉄道塩浜検修車庫にて改造し、2019年2月~3月に営業運転を開始する。養老鉄道活性化協議会と養老線管理機構は、営業運転開始にあわせた記念事業や、廃車車両のお別れイベントなどを検討中だとしている。

2018年8月22日(水)11時1分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全22件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全223件

養老鉄道 7700系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全55件

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い秘境駅に一票を

天塩川温泉駅、小幌駅、上有住駅、あぶくま駅、峠駅、塔のへつり駅、白丸駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

あのアイスの硬さの秘密とは

人気をほこる車内販売のあの硬いアイス。硬さの秘密とは? 現在の販売箇所もあわせてご紹介。

画像

叡電で三鉄カラー

3月31日より、叡山電鉄の700系1両が三陸鉄道カラー車両となり運転。

画像

WEST EXPRESS 銀河

JR西日本の新たな長距離列車は「WEST EXPRESS 銀河」。エクステリアなども同時発表。

画像

京成上野駅リニューアル竣工

3月19日、京成上野駅のリニューアル工事が完了。同日より、発車メロディを導入。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月14日(木)]
  • 西武新型特急車両デビュー[2019年3月16日(土)]
  • 新快速有料座席サービス導入[2019年3月16日(土)]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年3月31日(日)]
  • あいの風とやま鉄道一万三千尺物語運転開始[2019年4月6日(土)]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: