日本で最も速い列車は? 新幹線と在来線の「表定速度」ランキング

2020年4月17日(金) 鉄道コムスタッフ

「表定速度」が日本で最も高い列車は?

列車の所要時間を短縮するためには、最高速度の引き上げはもちろんですが、高速度で継続的に走れる環境も必要です。この目的地までの所要時間に対する速度を「表定速度」といい、距離を所要時間で除することで導き出せます。

この表定速度は、参考にする区間によって変動しますが、今回は各列車最速達列車の全運転区間、たとえば東京~博多間の「のぞみ」であれば、時速300キロで運転する山陽新幹線区間だけでなく、東京~博多間の全区間をもとに算出しました。

それでは4月現在、日本で最も表定速度が高い列車は何でしょうか。それはもちろん日本最速の「はやぶさ」……ではなく、意外にも東海道・山陽新幹線の「のぞみ」でした。

最も表定速度が高いのは「のぞみ」。最速列車の64号の表定速度は、時速224.2キロとなっています
最も表定速度が高いのは「のぞみ」。最速列車の64号の表定速度は、時速224.2キロとなっています

博多発東京行き最終列車である「のぞみ」64号は、東京~博多間1069.1キロ(実キロ)を4時間46分掛けて走り、表定速度は時速224.28キロ(小数点3ケタ以下は切り捨て、以下同様)に達します。東海道新幹線では最高速度が時速285キロに抑えられる「のぞみ」ですが、山陽新幹線内は最高時速300キロで運転できることに加え、64号は東海道新幹線内で先行列車との列車間隔が詰まり減速を強いられることが無いため、ほぼトップスピードを維持できるのです。

2位は新大阪~鹿児島中央間を走る山陽・九州新幹線の「みずほ」。下り2便となる603号の表定速度は、時速220.04キロです。九州新幹線区間では最高速度が時速260キロに制限されるため、全体的な表定速度が下がっています。なお、時速300キロ運転が可能な新大阪~博多間で計算すると、同列車の表定速度は時速232.32キロとなります。

新大阪~鹿児島中央間を走る「みずほ」。「のぞみ」に次いで2番目に表定速度が高い列車です
新大阪~鹿児島中央間を走る「みずほ」。「のぞみ」に次いで2番目に表定速度が高い列車です

時速320キロで運転する「はやぶさ」は3位。新青森~東京間674.9キロを3時間6分で結ぶ速達タイプの「はやぶさ」4号の記録で、表定速度は時速217.70キロです。こちらも「みずほ」同様、東京~大宮間が時速110キロ、盛岡以北が時速260キロに制限され、車両性能をフルに活かせないために表定速度が落ちています。なお、高速走行が可能な区間のみを抽出すると、大宮~盛岡間を1時間47分で走破する「はやぶさ」7・13・44号の表定速度が、時速260.85キロに達します。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「愛称つき列車」に一票を

サンポート、安芸路ライナー、スノーラビット、最上川、ニセコライナー、なよろ…

鉄道コムおすすめ情報

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

ロマンスカーで車庫めぐり

ロマンスカーによるミステリーツアーが、5月2日に開催。小田急線5か所の車両基地を「EXEα」で周遊。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

横浜市のデジタル1日券

横浜市交通局が、4月17日よりデジタル版1日乗車券を発売。非磁気タイプの1日乗車券は、5月31日で発売終了。

画像

ロマンスカーミュージアム

4月に開館予定の「ロマンスカーミュージアム」。その館内は?一足早く見学しました。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: