日本で最も速い列車は? 新幹線と在来線の「表定速度」ランキング

2020年4月17日(金) 鉄道コムスタッフ

在来線の表定速度最速はあの列車

新幹線以外で最も表定速度が高い列車は、北陸本線の特急「サンダーバード」です。「サンダーバード」37号は、大阪~金沢間267.6キロを2時間31分で結び、表定速度は時速106キロに達します。現在、表定速度が時速100キロを超える在来線特急は、この「サンダーバード」のみです。

2位以降の列車は、特急「ソニック」、「ダイナスター」、「ライラック」・「カムイ」、「しらさぎ」「あずさ」「ひたち」「北斗」「おはようエクスプレス」と、最高時速120キロ~130キロで走るJRの都市間特急が占めています。このうち「ソニック」「あずさ」は、全列車に車体傾斜式車両を投入して曲線通過速度を向上し、表定速度を高めている列車。その他の各列車は、線形が良い路線を高速巡航する列車となっています。

北陸本線の特急「サンダーバード」。2020年現在は新幹線以外で国内最高の表定速度を誇ります
北陸本線の特急「サンダーバード」。2020年現在は新幹線以外で国内最高の表定速度を誇ります
2位にランクインした特急「ソニック」。振り子車両を投入し、曲線通過速度を向上することで、表定速度を高めています
2位にランクインした特急「ソニック」。振り子車両を投入し、曲線通過速度を向上することで、表定速度を高めています

10位にランクインしたのが、近畿日本鉄道(近鉄)が近鉄名古屋~大阪難波間で運転する「名阪甲特急」。私鉄では最も表定速度が高く、時速91キロです。こちらも最高時速130キロで運転する列車で、日中時間帯の第11列車などは、名阪間を2時間5分で結んでいます。

私鉄最速は近鉄の「名阪甲特急」。写真の21000系「アーバンライナーplus」のほか、3月からは新型車両「ひのとり」も使用されています
私鉄最速は近鉄の「名阪甲特急」。写真の21000系「アーバンライナーplus」のほか、3月からは新型車両「ひのとり」も使用されています

ちなみに、最高時速160キロで運転している「スカイライナー」は、表定速度は時速87キロ。最高速度こそ高い列車ですが、都内区間の京成上野~新柴又間では速度が抑えられてしまうため、表定速度も低めとなっています。

また、特急列車以外で最も表定速度が高いのは、北越急行ほくほく線を走る超快速「スノーラビット」。かつての在来線特急「はくたか」の性格を受け継ぐ列車で、最速列車の表定速度は時速88キロ。スカイライナーよりもわずかに高い数値となっています。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急新1000形20次車の外観

赤色に塗装されたステンレス車体、制御機器などの床下機器を、写真で詳しく…

画像

羽田空港アクセス線の現状

JR東日本が計画を進める新路線「羽田空港アクセス線」。その予定地の現状は?

画像

路線名は「西九州新幹線」

九州新幹線武雄温泉~長崎間の路線名は「西九州新幹線」に。2022年秋ごろ開業予定。

画像

東海道新幹線乗り放題

東海道新幹線が乗り放題のワーケーションプラン。1人1室6泊7日で9万円から。

画像

車両愛称が発表

「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称は「ライトライン」に。全19停留場の正式名称も発表。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: