鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京成、「車両数が変更可能」な新型車両「3200形」を2025年冬に導入へ

2024年5月20日(月)17時57分

京成電鉄は20日、新型車両「3200形」を、2025年冬に導入すると発表した。

新型車両「3200形」(イメージ)
新型車両「3200形」(イメージ)

3200形は、京成では2019年導入の3100形以来、約5年ぶりとなる新形式車両。「人や環境にやさしいフレキシブルな車両」をコンセプトに、編成車両数をフレキシブルに変更できる車両とする。同社はこれにより、輸送需要に見合った効率的な走行エネルギーの使用により、環境負荷の低減に努めるとしている。

2019年にデビューした3100形
2019年にデビューした3100形

3200形では、連結運転時に常時通り抜けを可能とするため、正面の中央部に貫通扉を配置する。外観は、京成の車両の伝統である、赤と青のカラーリングを踏襲している。

3200形の前面・側面イメージ
3200形の前面・側面イメージ

車内では、先頭車に車いすスペース、中間車にフリースペースを設置する。また、3100形に引き続き、扉上には、17インチのLCD車内案内表示器2画面を配置するほか、空気浄化装置や防犯カメラなどを導入。また非常通話装置では、同社の車両では初めて、客室内の防犯カメラ映像を乗務員室で確認できる機能を採用している。

車内イメージ
車内イメージ
先頭車の乗務員室直後のイメージ
先頭車の乗務員室直後のイメージ

足回り機器では、SiC素子を適用したVVVFインバータ制御装置を搭載。既存の3500形と比較し、電力使用量を約69パーセント削減する。また、制御装置や空調装置などの車載機器の動作状況をモニタリングし、故障対応の迅速化などによる安全性・安定性の向上を図るとしている。モニタリングによるデータは、将来的には故障の予兆把握やメンテナンスの省力化にも活用するという。

同社は3200形について、2024年度は6両編成1本の導入を予定。2025年度以降も継続して導入するとしている。

2024年5月20日(月)17時57分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]
  • 秩父鉄道運賃改定[2024年10月1日(火)]
  • 伊予鉄道運賃改定[2024年10月1日(火)]
  • 松浦鉄道運賃改定[2024年10月1日(火)]
  • 関東鉄道運賃改定[2024年10月1日(火)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

ハッピートレイン写真募集中!

東急のラッピング車両「いけたまハッピートレイン」。投稿写真を大募集!投稿はこちらから。