鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザイン発表 畳敷きの6人個室も

2024年2月19日(月)17時51分

JR九州は19日、新たなD&S列車「かんぱち・いちろく」のデザインなど発表した。

かんぱち・いちろくの外観イメージ
かんぱち・いちろくの外観イメージ

「かんぱち・いちろく」は、博多~別府間を久大本線(ゆふ高原線)経由で結ぶ列車。博多駅発を「かんぱち」、別府駅発を「いちろく」として運転する。

車両のデザインは、鹿児島のデザイン会社IFOOが担当した。外観は、つやのある黒を基調としたデザインに、ゆふ高原線の路線図をモチーフとしたゴールドライン、駅名によるエッジラインを配置。車体に沿線の景色が映り込むことで、車体全体で雄大な風景を表現することを目指した。

かんぱち・いちろくの側面イメージと車内座席配置
かんぱち・いちろくの側面イメージと車内座席配置

列車のロゴマークは、列車名や沿線風景を表現した。由布岳をモチーフとした冠で漢数字の「八」を表現。沿線を流れる川のイメージで「一」を表し、これが6つ集まることで「六」を描く。

かんぱち・いちろくのロゴ
かんぱち・いちろくのロゴ

車両は3両編成で、全席グリーン席とする。座席車両となる1・3号車には、畳個室、ボックス席を設置。1号車にはソファ席も設ける。定員は、畳個室が1室6人、ボックス席が2、3、4、6人、ソファ席が3人。編成全体では定員60人となる。

1号車は、大分・別府エリアの風土をモチーフにデザイン。火山や温泉を想起させる赤ベースの座席を配置するほか、テーブルには大分産の杉を用いることで、温かみのある空間を演出する。

1号車の車内(イメージ)
1号車の車内(イメージ)

3号車は、福岡・久留米エリアの風土がモチーフとなる。沿線の雄大な平野や山々をイメージさせる緑や、福岡県の県章にも使われる青をベースとし、落ち着いた空間を演出する。

3号車の車内(イメージ)
3号車の車内(イメージ)
3号車の畳個室(イメージ)
3号車の畳個室(イメージ)

2号車は「ラウンジ杉」と命名する共用スペース。由布院・日田エリアの風土をモチーフとしたデザインで、樹齢約250年の杉による一枚板カウンターや、日田の底霧をイメージした天井により、日田の豊かな自然を表現する。一枚板カウンターの端部にはミラーサイネージを設置し、沿線の紹介動画などを放映する。また、同車はビュッフェを兼ね備え、沿線の飲食品やグッズなどを販売するスペースとする。

2号車「ラウンジ杉」(イメージ)
2号車「ラウンジ杉」(イメージ)

「かんぱち・いちろく」は、2024年春の運転開始を予定している。

2024年2月19日(月)17時51分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「パレオ」が旧客けん引

「パレオエクスプレス」の客車がJR東日本の旧型客車に。4月13日~21日の土日限定。

画像

サロンカーなにわで網干総へ

網干総合車両所の見学ツアー。「サロンカーなにわ」か225系「Aシート」編成に乗車。

画像

京成宗吾車両基地拡充へ

宗吾車両基地の拡充工事起工式が11日に開催。工事概要などをご紹介します。

画像

サロンカーなにわで網干総へ

網干総合車両所の見学ツアー。「サロンカーなにわ」か225系「Aシート」編成に乗車。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。