鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

ゆふ高原線の新D&S列車は「かんぱち・いちろく」に 「いさぶろう・しんぺい」とキハ125形の3両編成

2023年10月26日(木)14時47分

JR九州は26日、久大本線(ゆふ高原線)に導入する新たな「D&S列車」の名称と使用車両を決定したと発表した。

列車名は、「かんぱち・いちろく」。久大本線の全線開通、また現在の同線の形成に貢献した麻生観八あそうかんぱち氏、衞藤一六えとういちろく氏の名前をモチーフにしたという。博多駅発由布院・別府行きを特急「かんぱち」号、別府駅・由布院駅発博多行きを特急「いちろく」号として運転する。

車両は3両編成で、全席グリーン席。座席車の1・3号車にはキハ47形「いさぶろう・しんぺい」車両、ビュッフェ車にはキハ125形を、それぞれ改造し使用する。車両デザインは、鹿児島のデザイン会社IFOOが担当する。

座席車に改造するキハ47形「いさぶろう・しんぺい」車両
座席車に改造するキハ47形「いさぶろう・しんぺい」車両
ビュッフェ車に改造するキハ125形(イメージ)
ビュッフェ車に改造するキハ125形(イメージ)

「かんぱち・いちろく」は、「ゆふ高原線の風土を感じる列車」として、博多~由布院~別府間を走るD&S列車として企画されたもの。車内で沿線の食材を活用した弁当を提供するなど、久大本線沿線の食や歴史、伝統、自然を、五感で楽しめる列車となる。

「かんぱち・いちろく」の運転開始時期は、2024年春を予定する。JR九州は、車両レイアウト、車両外観・内装デザイン、運転時刻、車内サービスなどについては、決まり次第順次告知するとしている。

2023年10月26日(木)14時47分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。