鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

大阪メトロ、中央線夢洲延伸区間の「加算運賃」を申請 梅田~夢洲間は430円に

2024年2月9日(金)15時3分

大阪メトロは9日、中央線延伸部(コスモスクエア~夢洲間)に関わる加算運賃の上限設定について、国土交通大臣に申請した。

大阪メトロ中央線の車両
大阪メトロ中央線の車両

加算運賃は、延伸にともなう設備投資費用などの一部を、利用者に負担させるもの。今回申請した加算運賃は、普通旅客運賃が90円、通勤定期旅客運賃が1か月3370円、通学定期旅客運賃が同1520円。コスモスクエア~夢洲間を含む区間を利用する際に、通常の運賃に加算する。「鉄道駅バリアフリー料金」を含む実際の料金は、2区(3キロ超7キロ以下、コスモスクエア~夢洲間など)が330円、4区(13キロ超19キロ以下、梅田~夢洲間など)が430円などとなる。

中央線のコスモスクエア~夢洲間は、2025年開催予定の大阪・関西万博に向け、建設が進められている区間。万博のほか、今後整備される統合型リゾート(IR)のアクセス路線として位置付けられている。同区間は、既存の大阪港~コスモスクエア間と同様、大阪市などが出資する大阪港トランスポートシステムが設備を保有。大阪メトロが実際の運行業務を担う第二種鉄道事業者となる。

コスモスクエア~夢洲間の路線計画図
コスモスクエア~夢洲間の路線計画図

コスモスクエア~夢洲間の延伸開業は、2024年度末を予定している。

2024年2月9日(金)15時3分更新

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道未来インデックス

  • 西武多摩川線CBTC走行試験開始[2024年度初頭]
  • 阪急京都線座席指定サービス「PRiVACE」導入[2024年7月]
  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 相鉄ゆめが丘駅リニューアル工事完成[2024年夏ごろ]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。