鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

地下鉄や北大阪急行線の延伸など、関西万博に向けたインフラ整備計画が決定

2021年8月27日(金) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

政府の国際博覧会推進本部は8月27日、第2回会合を開催し、2025年の大阪・関西万博におけるインフラ整備計画を決定しました。

大阪・関西万博会場の鳥観図
大阪・関西万博会場の鳥観図

大阪・関西万博は、2025年4月13日から10月13日まで、大阪市臨海部の夢洲にて開催する予定の万国博覧会。来場者数は約2800万人を見込んでおり、開催に向けては周辺インフラの整備が求められています。

インフラ整備のうち、鉄道で盛り込まれたのは、大阪メトロ中央線の夢洲延伸北大阪急行線の延伸、大阪モノレール延伸、「うめきた」エリア新駅整備・東海道貨物線地下化、なにわ筋線整備、主要駅のバリアフリー化、ホームドア、可動式ホーム柵整備などです。

延伸を予定する大阪メトロ中央線
延伸を予定する大阪メトロ中央線

今回挙げられたものは、いずれも工事中または計画進行中のもので、目新しいものはありません。また、大阪~難波間をなにわ筋経由で結ぶなにわ筋線の開業予定は2031年となっており、2025年の万博開催には間に合いません。

しかしながら、今回の計画は、「大阪・関西万博後の地域の社会経済活動を支える成長基盤」も含まれるもの。また、計画では阪神高速淀川左岸線2期線の開業時期前倒しなどが盛り込まれており、同様に関西圏の鉄道インフラ整備が加速する可能性もあります。

開催まであと4年に迫った大阪・関西万博。万博開催を契機としたインフラ整備がどこまで進むか、注目されます。

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。