鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

新幹線「のぞみ」、最繁忙期は「全席指定席」で運転へ 2023年度の年末年始より実施

2023年9月13日(水)16時35分

JR東海、JR西日本は13日、最繁忙期となる3大ピーク期において、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」を全席指定席として運転すると発表した。

東海道新幹線「のぞみ」
東海道新幹線「のぞみ」

繁忙期の「のぞみ」は、早い段階で指定席が満席となることがあるほか、指定席を予約できなかった乗客は、駅で長時間並ぶ必要があった。また、自由席への乗降に時間がかかり、列車の遅れが発生することもあったという。

両社では、3大ピーク期の「のぞみ」全列車を全席指定席とすることで、指定席を1列車あたり約2割増やす。これにより、より多くの乗客が、予約・着席して利用できるようになるほか、列車の定時運転にもつなげる。期間中は、東京~新大阪間で「のぞみ12本ダイヤ」を活用するほか、東海道・山陽新幹線を直通する列車を増発。これまで以上に多くの列車・座席を提供するとしている。

「のぞみ」の全席指定席運転は、2023年度の年末年始期間より実施。2023年12月28日から2024年1月4日までが対象となる。期間中は、自由席特急券での「のぞみ」着席利用はできないが、普通車のデッキ等に立席で利用する場合に限り、「のぞみ」へも乗車できるとしている。また、「ひかり」や「みずほ」といった他の列車では、通常通り指定席を設定する。このほか、大規模な輸送障害が発生した場合などには、自由席を設けた「のぞみ」を運転する可能性があるとしている。

JR東海とJR西日本では、今後の3大ピーク期においても、今年度の年末年始期間と同様の取り扱いをする予定。具体的な実施日や内容などについては、年度ごとの曜日配列や利用動向などをふまえ、都度決定するとしている。

通常時の「のぞみ」自由席は、16両編成中3両が対象。2003年10月1日の東海道新幹線品川駅開業にあわせて導入した。1992年の「のぞみ」運転開始時点では、同列車は全席指定席で運転していたため、臨時列車などを除けば、今回の全席指定席は約20年ぶりの復活となる。

2023年9月13日(水)16時35分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「RF24-105mm」の実力は

キヤノンのレンズ「RF24-105mm F2.8 L IS USM Z」。レンズ開発の裏側を聞きました。

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。