鉄道コム

東京メトロ、バリアフリー設備整備拡大で2023年に運賃値上げへ

2022年4月26日(火)7時35分

東京メトロは25日、駅バリアフリー設備の整備拡大に向け、運賃の加算を実施すると発表した。

今回の運賃加算は、国が創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用。普通旅客運賃は大人10円、通勤定期旅客運賃は1か月370円などを加算する。小児運賃の加算料金は大人料金の半額とするほか、通学定期旅客運賃は加算対象外となる。

同社はこれまで、ホームドアやエレベーター、バリアフリートイレなどの整備を継続。2021年度末時点で、ホームドアは整備率83.3%、エレベーター設置ルートは同98.3%、バリアフリートイレは同100%となっているという。今後、2025年度までに大規模改良工事が進行中の箇所を除く全駅へのホームドア整備完了を目指すほか、エレベーターやバリアフリートイレ、段差縮小設備などの整備を実施。さらに2029年度までに、ホームドア136駅273番線、エスカレーター70駅161基の設備更新を予定している。バリアフリー設備の総整備費は、2021年度から2025年度までの合計が約519億円、2026年度から2029年度の合計が約306億円となるという。

今回発表した運賃の加算分は、バリアフリー設備の整備に充当。年間の徴収額は約110億円を見込む。加算運賃の料金設定は、同社が25日付で国土交通省関東運輸局に届け出ており、2023年3月ごろの収受開始を予定している。

2022年4月26日(火)7時35分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]
  • 青森・秋田・岩手エリアSuica導入[2023年5月27日(土)]
  • 福井鉄道越前武生駅駅名変更[2023年春ごろ]

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。