鉄道コム

JR東、バリアフリー設備投資に向け10円の加算運賃を2023年導入

2022年4月5日(火)17時23分

JR東日本は5日、バリアフリー設備の整備拡大に向け、首都圏の一部路線で運賃を加算すると発表した。

今回の運賃加算は、国が創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用するもの。大宮~東京~大船間、高尾~新宿~千葉間など、首都圏の「電車特定区間」のみの利用時を対象に、普通旅客運賃は大人10円、通勤定期旅客運賃は1か月280円などを加算する。加算料金は、新幹線利用時を含むほか、通学定期旅客運賃は加算対象外となる。

電車特定区間
電車特定区間

同社ではこれまで、エレベーターやスロープなどの段差解消設備、バリアフリートイレ、ホームドアといったハード面、社員のサービス介助士資格取得といったソフト面の両面で、バリアフリーに対する取り組みを進めてきた。加えて、ホームドアの早期設置が求められている現状を踏まえ、東京圏在来線主要路線の線区単位の330駅758番線へ整備対象を拡大し、さらに整備時期を当初予定より1年前倒しし、2031年度末頃までの整備を目標とすると発表した。

JR東日本のホームドア設置駅
JR東日本のホームドア設置駅
2031年度末頃までのホームドア整備対象
2031年度末頃までのホームドア整備対象

一方で、今後のバリアフリー設備投資費用が約4200億円(うちホームドア設置費は約4100億円)と、多大な費用を要することから、今回の加算運賃設定に踏み切った。年間徴収額は計230億円を見込む。

加算運賃の料金設定は、同社が5日付で国土交通省関東運輸局に届け出た。料金の収受開始は、2023年3月頃を予定している。

2022年4月5日(火)17時23分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全5件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: