JR東海、新型車両「315系」の車内デザインを発表

2021年5月18日(火)15時39分

JR東海は18日、新型在来線通勤型電車「315系」のインテリアデザインと車内設備を発表した。

新型在来線通勤型電車「315系」(イメージ)
新型在来線通勤型電車「315系」(イメージ)

315系のインテリアデザインコンセプトは、「優しく安心感のある快適な移動空間」。バリアフリー設備の充実や、車内空間快適性の向上、セキュリティの強化を図る。

315系の車内(イメージ)
315系の車内(イメージ)

バリアフリー設備としては、全車両に車いすスペースを設えるほか、全編成に車いす対応トイレを設置。優先席や車いすスペースでは、付近の床面にゾーン表示をすることで、スペースを明確にする。また、車両床面は高さを低くし、乗降口では車両端部をホーム側に傾け、車両とホームの段差を縮小。211系と比較して5センチの縮小幅とする。

優先席付近(イメージ)
優先席付近(イメージ)
車いすスペース(イメージ)
車いすスペース(イメージ)

快適性の向上では、AIによる自動学習・制御最適化機能を持つ冷房制御を採用。設定温度に対する自動制御のほか、乗務員による手動補正データをAIが学習することで、最適化した冷房制御を車両に定期的にフィードバックする。この機能は国内では初導入だという。加えて、冷房装置の動作状態を車両から車両基地等へ常時送信する機能も採用。故障の予兆段階でメンテナンスすることで、故障を未然に防止する。

また、座席幅は211系よりも1センチ拡大した46センチとするなど、座席の座り心地を向上。天井高さやグラデーション、赤外線・紫外線をカットする遮熱・遮光ガラスの導入によるカーテンの廃止などにより、開放感のあるデザインとする。

セキュリティ面では、車内防犯カメラを扉上などに1両あたり5か所、非常通話装置を1両あたり3か所、それぞれ設置する。このほか、各車両の扉上には、カラーユニバーサルデザインに対応したフルカラー液晶ディスプレイ車内表示器を、1両あたり6か所設置する。

315系は、2021年度から2025年度にかけて、352両を製造する予定。名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線や東海道本線、関西本線などに順次投入し、211系や213系、311系を置き換える。なお、315系により211系を置き換えることで、同社が保有する全ての車両がJR化後に製造した車両となる。

315系が置き換える予定の211系
315系が置き換える予定の211系
2021年5月18日(火)15時39分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全987件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全147件

315系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全112件

鉄道コムおすすめ情報

画像

20次車の愛称募集

京急が、新1000形20次車の愛称を募集。最優秀賞の作品は、車体側面に掲出へ。

画像

日本で最も速い列車は?

日本で最も速いのはどの列車? 全国各地を走る列車の速さを、最高速度と表定速度で比較します。

画像

西武多摩川線にサイクルトレイン

7月1日から、西武多摩川線で昼間は電車への自転車の持ち込みが可能に。

画像

京葉臨海鉄道のDD200

京葉臨海鉄道が、新型機関車としてDD200形を導入。愛称は「RED MARINE」。

画像

半蔵門線用の18000系

半蔵門線用の18000系が報道公開されました。有楽町線の17000系とは兄弟車のよう?

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ季節は夏。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: